山口市の一部地区でFM補完放送が始まります
〈山口放送株式会社のFM放送補完中継局に免許〉

 中国総合通信局は、本日、山口放送株式会社のFM補完中継局の免許を行いました。これまで、山口市の一部地区は、山口放送のAMラジオ放送の難聴地域となっていましたが、今後は、FMラジオによって、同一内容の放送を聴取することが可能となります。本中継局は、中国管内で16局目(山口県内で11局目)のFM補完中継局となります。なお、開設に対し、総務省は、平成30年度予算により無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)50,195千円を交付しています。

KRY山口鴻ノ峯FM

中国総合通信局 11月12日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2018/01sotsu08_01000949.html
11月12日に総務省の無線局等情報検索が更新されました。

FMわっかないの「蘭泊固定局」と思われる局が新規掲載されています。
「96K0D7W 200MHz 1W」と周波数が高いのでEスポ受信は不可能です。
変調もFMではないようで。

http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-2288.html
http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=J&DFCD=0000844011&DD=1&styleNumber=21

「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付決定について

 総務省は、11月7日、平成30年度予算による「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付を決定しました。この補助金は、国民生活に密着した情報や災害時における生命・財産の確保に必要な情報を確保するため、地方公共団体等が行うラジオの難聴解消のための中継局整備費用の一部を補助するものです。東北総合通信局管内は、次のとおりです。

東北総通

東北総合通信局 1月8日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h301109a1001.html



AM放送の難聴解消のため南海放送株式会社の中継局の整備を支援
~ 民放ラジオ難聴解消支援事業」補助金の交付を決定 ~

 総務省は、平成30年度当初予算で措置された「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」について、平成30年11月7日付けで、全国3団体(3事業)に対して補助金の交付を決定しました。四国管内では、南海放送の以下の事業が交付対象となっています。

四国総通

四国総合通信局 11月8日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20181108.html

「全国3団体(3事業)」ということなので、あと1件。
近畿府県合同防災訓練において放送の確保訓練を実施
~ 臨時災害放送局の開設訓練及び災害対策用通信機器の展示等 ~

北陸総合通信局 11月8日付報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre181108.html

資料を見ると実験局などが開局するような感じがしますが。
北陸放送のFM補完中継局に免許
~ 珠洲地区における中波放送の難聴を改善 ~

 総務省北陸総合通信局は、北陸放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局(MRO珠洲FM)について、本日付けで免許を付与しました。これにより、珠洲地区における外国波混信の改善が図られます。

MRO珠洲FM

北陸総合通信局 11月1日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre181101-1.html

事前情報は民放ラジオ難聴解消支援事業の交付のみか。。。
開局日は不明ですが、本免許交付なので今週末まであたりでしょうか。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre180425-2.html
宮城県亘理町のコミュニティ放送局に予備免許
- 宮城県内で12事業者目のコミュニティ放送局 -

 東北総合通信局は、株式会社エフエムわたりから免許申請のあったコミュニティ放送局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。この放送局は、宮城県亘理町の送信所から電波を発射し、亘理町の一部を放送対象地域とするもので、運用開始は平成30年11月を予定しています。

エフエムわたり

東北総合通信局 10月31日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h301031a1001.html

公式サイト
https://fmaozora.com/

公式Facebook
https://www.facebook.com/fmaozora/

公式Twitter
https://twitter.com/fmaozora
「練馬まつり」イベントFM放送局に免許
《練馬区が所有する臨時災害放送用設備を活用》

 総務省関東総合通信局は、練馬まつり推進協議会から免許申請のあったイベントFM放送局に対して、本日付で免許を付与しました。本イベントFM放送局は、「練馬まつり」の関連情報を提供するとともに、災害時における情報伝達手段として有用な臨時災害放送局のPRや、貸与ラジオによる放送の聴取体験を行うなど、地域住民の防災意識の向上や啓発促進のための情報発信を目的に開設されるものです。

ねりままつりイベントエフエム

関東総合通信局 10月19日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/30/1019ho.html

練馬放送からのお知らせ
https://nerimabroadcast.jp/news/2018_0034.html
NHKラジオ静岡第一放送のFM補完中継局に予備免許
 - 富士宮市におけるラジオ受信環境の改善 -
 
 総務省東海総合通信局は、日本放送協会から免許申請のあったFM補完中継局を、本日、予備免許しました。本補完中継局により、地形的要因によりNHKラジオ静岡第一放送(静岡市駿河区、周波数882kHz)が聞きづらかった富士宮市において、当該AMラジオ放送と同一番組がFMラジオ受信機で良好に聴取できるようになることが期待されます。なお、同協会では平成32年2月を目処に放送サービスを開始する予定としています。

NHK静岡第1放送

東海総合通信局 10月18日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/30/1018.html

局名が記されていないので、中継局名に関しては保留しておきます。所在地が富士宮市羽鮒ということで、NHK-FMの「芝川中継局」と同じ場所だと思われますが、富士市大淵にあるK-Mixが「富士・富士宮中継局」、TVが「富士宮中継局」と名乗っているものの、NHK-FMの中継局がないので、FM放送の「富士宮中継局」は存在しません。平成も31年で終わり、32年はありません。
栃木放送の93.4MHzを受信して受信報告書を送り返信がありました。
複数中継局が出ていますが、位置、距離、出力から葛生中継局と思われます。

受信日:2018年9月26日
受信時間:0520~0600
周波数:93.4MHz(葛生中継局)
送付物:62円切手
返信物:ベリカード (データあり)
返信日数:21日


栃木放送

栃木放送