2020.01.13 92.4MHz 変調音
0415(気付き)~に92.4MHzで1kHzトーンの変調音が受信できます。
ステレオです。RFラジオ日本のFM補完放送の試験電波でしょう。

アンテナの向きは東北東方向が最も強いですが、北北東にヌルがあるので、
送信所は巷で噂の三ッ池公園からかもしれません。
電波はエフエム横浜やスカイツリーの在京3局より弱く、S9+25dBくらいです。
同じ送信所の(はず)76.5MHzのInterFMよりも少し弱いのでフルではない?

岡山県赤磐市にコミュニティ放送のエリアを拡大
〈株式会社岡山シティエフエムの中継局に免許〉

 中国総合通信局は、株式会社岡山シティエフエムの大盛山中継局開設の申請に対して、本日、免許を付与しました。この中継局の開設により、赤磐市の一部において、同社の放送が受信可能となります。この中継局の開設に対し、総務省は、施設を整備する赤磐市(市長:友實 武則)に対し、平成30年度無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)として、25,042千円を交付する予定です。

Radio MOMO

中国総合通信局 12月25日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2019/01sotsu08_01001082.html
福井放送のFM補完中継局に免許
~ 高浜町における中波放送の難聴を改善 ~

 総務省北陸総合通信局は、福井放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局(FBCたかはまFM)について、本日付けで免許を付与しました。これにより、高浜町における都市型難聴及び外国波混信の改善が図られます。概要は以下のとおりです。

福井放送

北陸総合通信局 12月17日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2019/pre191217-1.html

12月23日開局。
http://www2.fbc.jp/wide_fm/

12月9日付で東京都狛江市に臨時災害放送局の免許が交付されています。
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=A&DFCD=0004183496&DD=1&styleNumber=01

10月12,13日に開局した時と同じ呼出符号ですが、前回は無線局免許状等情報の方には掲載されなかったと思います。送信出力が微妙に異なるのは気になりますが、何かの手違いで今頃の掲載になったのでしょうか。大子町の災害FMの無線局免許状等情報掲載は未だにありません。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2019/1017ho02.html

NHK鹿児島放送局の公式サイトによると、89.9MHzの川内出水FM補完中継局が12月9日に開局しました。阿久根中継局と同じ紫尾山ですが、NHK鹿児島のサイトでは「川内出水補完」になっています。総務省の無線局免許状等情報によると12月2日に免許交付、最大実効輻射電力は195W。

https://www.nhk.or.jp/kagoshima/station_info/channel/kaikyoku.pdf
https://www.nhk.or.jp/kagoshima/station_info/channel/radio.html
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=H&DFCD=0001288696&DD=1&styleNumber=01

奥州エフエム放送株式会社のコミュニティ放送中継局に予備免許
- 岩手県奥州市米里地区において受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、奥州エフエム放送株式会社から申請のあったコミュニティ放送(FMラジオ)中継局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。今回予備免許を付与した中継局は、岩手県奥州市が総務省の「民放ラジオ難聴解消支援事業」を活用して整備する中継局設備を利用して、奥州エフエム放送株式会社が免許を受けて放送する公設民営型のコミュニティ放送(FMラジオ)中継局です。本日予備免許を付与した中継局により、地形的な問題で市内のコミュニティ放送が聴きづらくなっていた岩手県奥州市米里地区でコミュニティ放送の受信状況が改善することとなります。

奥州エフエム

東北総合通信局 12月10日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/r011210a1001.html
カムチャツカ地方のRadio Rossii KamchatkaのVHF帯から西欧FM帯への周波数変更作業が始まったようです。関東では遠過ぎて受信困難ですが、北日本ではUst’-Bol’sheretskの69.56MHzが受信されているので、同局も受信が困難になる日が来るかもしれません。

https://kamchatka.rtrs.ru/tv/analog/

アムール州のRadio Rossii BlagoveshchenskのVHF帯から西欧FM帯への周波数変更作業が始まったようです。今回は関東から遠く受信しにくい地域ですが(逆に言えばモスクワに近い地域)、関東で頻繁に受信できる67.82,68.36,69.92MHzも先が長くないかもしれません。

https://asn24.ru/news/society/70241/

ブリヤート共和国のRadio Rossii Buryatiyaが今年の4月からVHF帯の西欧FMへの移行作業を始め、公式的に11月6月日以降は「Rado Rossiiを放送している共和国の全ての送信機は現在FMバンドで動作している」ということで、60,70MHz帯からの移行が完了したようです。現在の中国局などの混信状況を考えるとEスポでの受信は困難になってしまったカントリーと思われます。

https://bgtrk.ru/news/society/172146/
https://bgtrk.ru/news/society/178691/
https://bgtrk.ru/news/society/179252/
https://bgtrk.ru/news/society/181317/
https://bgtrk.ru/news/society/181495/
https://bgtrk.ru/radio/ranges/