100.6MHzだった北京新聞広播が2月2日にMetro Radioが使用していた94.5MHzへQSY、Metro Radioが廃止されました。北京新聞広播が使用していた100.6MHzでは2月末に「京津冀之声広播」が開局すると報道されていました。

http://bj.people.com.cn/n2/2021/0126/c82846-34549168.html

その京津冀之声広播が「2月26日開局」という投稿が百度貼吧にありました。

https://tieba.baidu.com/p/7230531400

2月2日以降、蜻蜓FMのMetro Radioのストリーミングでは北京新聞広播(94.5MHz)と同じストリーミングを流していましたが、今日(2月22日)に聞くと別内容で音楽が流れていて、たまに京津冀之声の番宣スポットが流れています。前日(2月21日)のアーカイブを聞くと同様にノンストップの音楽が流れています。この試験放送らしきものが電波でも出ているのかもしれません。

https://www.qingting.fm/radios/5022463

2020年まで普通に受信できていた北京電台 Metro Radioは廃止され、昨年のEスポが聞き納めになってしまいました。受信音が残っている方には貴重な歴史的録音です。

★2020年06月27日 1422~ 94.5MHzの受信音
★2020年06月27日 1419~ 94.5MHzの受信音
★2019年08月06日 1036~ 94.5MHzの受信音
★2018年08月09日 1330~ 94.5MHzの受信音
★2016年05月16日 1356~ 94.5MHzの受信音
★2015年06月18日 0703~ 94.5MHzの受信音
★2015年06月01日 0930~ 94.5MHzの受信音
エリアが広がりラジオはもっと便利な「マイツール」に!
-「FMまいづる」のFMラジオ中継局に予備免許-

 近畿総合通信局は、京都府舞鶴市内でコミュニティ放送を行う一般財団法人有本積善社(FMまいづる)から免許申請のあった中継局(2局)の新設に対し、本日、予備免許を付与しました。これにより、新たに同市内の2地域(大浦地域の一部、加佐地域の一部)において、本年5月頃からFMまいづるのラジオ放送を聴くことができます。

FMまいづる

近畿総合通信局 2月18日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001760.html

中継局の名称が記されていないので局名は不明です。「野原中継局・桑飼上中継局」となるのか、あるいは「大浦中継局・加佐中継局」となるのでしょうか。
総務省の無線局免許状等情報によると、福島県葛尾村の受信障害対策中継局11局に対して1月29日付で本免許が交付されています。予備免許中だった局ですが、当ブログで予想したように11地点×3局の33局で、相変わらず具体的な所在地に関しては不明です。

https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?SC=1&pageID=3&SelectID=2&CONFIRM=0&MK=BBC&SelectHSK=04&IT=&HC=&HV=&KHS=&FF=&TF=&HZ=3&NA=%8A%8B%94%F6%91%BA&DFY=&DFM=&DFD=&DTY=&DTM=&DTD=&SK=4&DC=100&as_fid=6b76c69b65311c4eb6402f0947ca732ec5ec5aa9#result
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/r021029c1001.html
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-2580.html

総務省の無線局免許状等情報によると、新潟県柏崎市のコミュニティ放送局「柏崎コミュニティ放送(FMピッカラ)」の中継局に対して2月1日付で本免許が交付されています。予備免許中だった芋川中継局と思われます。

https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=B&DFCD=0000612328&DD=1&styleNumber=01
https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/200828.html

静岡放送株式会社のFM中継局整備を支援
<民放ラジオ難聴解消支援事業補助金の交付を決定>

 総務省は本日、静岡放送株式会社に対して「令和2年度 無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付を決定しました。同社は、この補助金を活用してFM中継局を整備し、地理的・地形的要因等によりAM放送の受信環境が著しく悪い御殿場市、裾野市及びその周辺地域において、FM放送によりラジオの受信状況を改善する予定です。これにより、同中継局の放送区域内の世帯(47,000世帯)に対する放送サービスの向上が期待されます。
SBSラジオ

東海総合通信局 2月10日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2021/0210.html
埼玉県本庄市のコミュニティ放送局に予備免許

 総務省関東総合通信局は、株式会社ほんじょうFMから免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)に対して、本日付けで予備免許を付与しました。本放送局は、市民・地域文化の振興、地域経済の活性化及び防災対策を推進するために開設するものです。地震、洪水等の非常災害時において、住民が必要とする情報の提供が期待されます。

ほんじょうエフエム

関東総合通信局 2月9日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2021/0209ho.html

公式サイト
https://honjofm.jp/
https://twitter.com/honjofm
https://www.facebook.com/honjofm/
https://www.instagram.com/honjofm/

熊本県水上村の一部地区で熊本放送のラジオ放送が聴取可能に
-受信障害対策中継放送局に免許-

 九州総合通信局は、水上村から申請のあった受信障害対策中継放送を行う基幹放送局2局に対して、本日、免許を付与しました。本中継局は、水上村の古屋敷地区及び川口地区の一部におけるラジオ放送の難聴を解消(地理的・地形的難聴対策)するために村が開設するものです。同村は、熊本放送の既存FM補完中継局からの放送波を受信し、当該地区へ再送信することにより受信状況の改善を図ることとしています。総務省は、本中継局の整備に対し費用の一部を令和元年度無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)として交付する予定です。

RKKラジオ
※SFMとは、超短波放送(受信障害対策中継放送)のこと。

九州総合通信局 2月5日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/210205-1.html

予備免許交付の報道資料なく、本免許交付のみ発表。最近、多い・・・。
熊本県阿蘇地区で熊本放送のFM補完放送が聴取可能に
-AM放送の難聴解消のためのFM補完中継局に免許-

九州総合通信局は、株式会社熊本放送から申請のあったFM補完中継局に対して、本日、免許を付与しました。本中継局は、熊本県阿蘇市及び南阿蘇村の各一部地域におけるAM放送の難聴を解消(都市型難聴対策及び地理的・地形的難聴対策)するために開設されるものです。総務省は、本中継局の整備に対し費用の一部を令和元年度無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)として交付する予定です。

RKKラジオ阿蘇FM

九州総合通信局 1月22日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/210122-1.html

RKKラジオ公式サイト
https://rkk.jp/asofm/
総務省の無線局免許状等情報によると、予備免許中だった千葉県中央区のコミュニティ放送局「アクティブレインエフエム/SKY WAVE FM」に1月6日付で放送免許が交付されています。公式サイトはまだ「準備中」のままで情報などは見当たりませんが、近々開局するのでしょう。

https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=A&DFCD=0004273803&DD=1&styleNumber=01

1月15日開局予定だったようです。しかし、局やメディアが事前に開局日を発信していないようで、パーソナリティのTwitterによると「1月15日午前0時」に開局したらしいです。15日以降はNHKのウェブサイトでも15日開局が報じられているので、開局は間違いないようです。

https://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/hodo/documents/210112-1.pdf

https://twitter.com/hashtag/SKYWAVEFM?f=live



他に、秋田県大館市のコミュニティ放送局「おおだてエフエム/FMラジオおおだて」は昨年の12月23日付で放送免許が交付されており、1月17日に開局します。

https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=I&DFCD=0001258940&DD=1&styleNumber=01
https://www.city.odate.lg.jp/uploads/public/pages_0000008383_00/210105.pdf

奈良県中和地域にコミュニティ放送局が誕生します!
-奈良県内4番目の放送局の開設に対し予備免許を交付-

 近畿総合通信局は、合同会社YAMATOから免許申請のあったコミュニティ放送局(FMラジオ)の開設に対し、本日付けで予備免許を付与しました。本放送局は、奈良県大和高田市及びその周辺5市町に地域に密着した情報を提供し、地域活性化等に寄与することを目的として開設するものであり、来年2月の開局を目指しています。平常時は地域イベント情報、地場産業の紹介や行政情報等の発信、災害時には、地域住民に必要とされる避難情報等の発信による災害支援が期待できます。なお、令和2年11月1日現在、コミュニティ放送局は全国で330事業者、近畿管内で41事業者、奈良県内で3事業者あります。

エフエムヤマト

近畿総合通信局 12月22日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001737.html

FMヤマト公式サイト
http://fmyamato.jp/