AMラジオ放送のFM補完中継局に予備免許
 ~ 親局クラスでは沖縄初 ~

 総務省沖縄総合通信事務所は、本日、琉球放送(株)、(株)ラジオ沖縄から申請のあったFM方式による補完中継局の開設に係る予備免許通知書を交付しました。
 今回の予備免許により、主に沖縄本島中南部地域における中波放送(AMラジオ)の災害等における放送の強靱化と、都市部における難聴解消を図るため、FM方式による補完中継局の整備が行われます。
 沖縄県内においては、すでに沖縄本島北部や離島部地域において、中波放送の外国波混信による夜間難聴等を解消するためFM方式による補完中継局が整備されておりますが、今回の親局クラスの大規模FM補完中継局の整備は県内では初となります。
 なお、本中継局の運用開始(開局)時期は、平成29年12月中旬を予定しています。

沖縄のFM補完放送

沖縄総合通信事務所 11月20日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/okinawa/hodo/2017/17_11_20-001.html

12月16日正午開局予定(試験電波は11月20日正午から発射)
http://www.rokinawa.co.jp/all/news/3621
http://www.rokinawa.co.jp/all/event/3511
http://www.rbc.co.jp/radio_blog/widefm/
https://www.rbc.co.jp/news_rbc/ワイドfm予備免許 琉球放送などへ交付/
さくらFM株式会社の中継局に予備免許
 - 西宮市生瀬地域の難聴を解消 -

 近畿総合通信局は、本日、さくらFM株式会社から免許申請のあったコミュニティ放送の中継局 (生瀬中継局) に対し、予備免許通知書を交付しました。 この中継局により、西宮市生瀬地域の難聴解消が期待されます。
生瀬中継局は、平成30年4月から放送を開始する予定です。 本中継局は、西宮市が総務省所管の「民放ラジオ難聴解消支援事業」の補助金を受けて整備を進めているものです。

さくらFM

近畿総合通信局 11月9日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001070.html

民放ラジオ難聴解消支援事業補助金交付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01000979.html
山口県下関市豊浦地区でFM補完放送を実施
< FM放送によりAMラジオの難聴を解消 >

 中国総合通信局は、山口放送株式会社のFM補完中継局の申請に対し、本日、免許を付与しました。 FM
補完中継局の開設は、中国管内で13局目 (山口県内で9局目) となります。これにより、下関市豊浦地区の一部地域における山口放送のAMラジオの難聴が解消され、山口県内のサービスエリアが広がりました。 なお、本中継局の開設に対しては、平成29年度予算により無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)を交付しています。

KRY豊浦FM

中国総合通信局 10月20日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000760.html

10月30日開局
https://twitter.com/kryradio/status/924588238693478401
泉大津市を放送区域とするコミュニティ放送局に予備免許
 - 大阪府内で9局、近畿管内で39局の整備に -

 近畿総合通信局は、株式会社エフエム泉大津から免許申請のあったコミュニティ放送局に対し、予備免許通知書を本日交付しました。 同放送局は本年12月に放送を開始する予定です。

FM泉大津

近畿総合通信局 10月19日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001057.html

https://www.facebook.com/fmizumiotsu/
https://corporation.gozal.cc/5120101055769/エフエム泉大津
日本放送協会のFM補完中継局に予備免許
 - 秋田県湯沢市皆瀬 (みなせ) 地区でAMラジオ放送の受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、日本放送協会から免許申請のあったFM補完中継局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。 これにより、地形的な原因でAMラジオ放送 (NHK第1放送) の聴きづらかった地域では、FMラジオを使って聴くことができるようになります。

NHK秋田 皆瀬1R

東北総合通信局 10月16日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h291016b1001.html
「練馬まつり」 イベントFM放送局に免許
 ≪練馬区が所有する臨時災害放送用設備を活用≫

 総務省関東総合通信局は、練馬まつり推進協議会から免許申請のあったイベントFM放送局に対して、本日付で免許を付与しました。 本放送局は、練馬まつりの関連情報を提供すると伴に、災害時における情報伝達手段として有用な臨時災害放送局のPRや、貸与ラジオによる放送の聴取体験を行うなど、地域住民の防災意識の向上や啓発促進のための情報発信を目的に開設されるものです。

練馬イベントFM

関東総合通信局 10月13日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/1010ho.html
株式会社アイビーシー岩手放送のFM補完中継局に予備免許
 - 岩手県一関市千厩町 (せんまやちょう) 及び遠野市でAMラジオの受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、株式会社アイビーシー岩手放送から免許申請のあったFM補完中継局2局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。 これにより、地理的・地形的難聴、都市型難聴などの原因でAMラジオの聴きづらかった地域では、FMラジオを使って聴くことができるようになります。 なお、本日予備免許を受けたFM補完中継局は、総務省の「民放ラジオ難聴解消支援事業」を活用して整備されています。

IBC-FM

東北総合通信局 10月5日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h291005a1001.html

11月22日免許交付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h291122a1001.html

11月25日開局
http://www.ibc.co.jp/radio/wideFM/
NHK富山放送局の中波放送及び地上デジタル放送の予備送信所の設置を許可
 ~ 災害時における放送のバックアップ態勢を強化 ~

 総務省北陸総合通信局は、日本放送協会から7月31日付けで変更申請のあったNHK富山放送局の中波放送 (NHKラジオ第一) 及び地上デジタル放送 (NHK総合) の親局に予備送信所を設ける変更申請について、
本日付けで変更を許可しました 。 これにより、NHK富山放送会館 (富山県富山市新総曲輪) に予備送信所が整備され、親局の被災時にも安定した放送の確保が可能となります。 概要は以下のとおりです。 なお、予備送信所の整備は北陸管内では初めてです。

NHK富山

北陸総合通信局 10月3日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre1714003.html
広島県三原市の北部地域でFM補完放送を実施
<FM放送によりAMラジオの難聴を解消>

 中国総合通信局は、株式会社中国放送のFM補完中継局の申請に対し、本日、免許を付与しました。 FM補完中継局の開設は、中国管内で12局目 (広島県内で3局目) となります。 これにより、三原市北部及びその周辺地域における中国放送のAMラジオの難聴が解消され、広島県内のサービスエリアが広がりました。 なお、本中継局の開設に対しては、平成28年度予算により無線システム普及支援事業費等補助金 (民放ラジオ難聴解消支援事業) を交付しています。

RCC三原久木

中国総合通信局 9月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000746.html

10月1日開局
http://radio.rcc.jp/fm_hokan.htm
株式会社ラジオ福島のFM補完中継局に予備免許
 - 福島県金山町(かねやままち)でAMラジオの受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、株式会社ラジオ福島から免許申請のあったFM補完中継局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。 これは、金山町がAMラジオ放送の難聴対策や災害対策のために整備した放送施設を利用して、株式会社ラジオ福島が免許を受けて放送する公設民営型のFM補完中継局です。 これにより、地理的・地形的難聴が原因でAMラジオの聴きづらかった地域では、FMラジオを使って聴くことができるようになります。 なお、本日予備免許を受けたFM補完中継局は、総務省の「民放ラジオ難聴解消支援事業」を活用して整備されており、金山町は、既に開局済みのFM補完中継局2局と合わせて、3年度にわたるラジオ難聴解消計画が完了することになります。

RFC

東北総合通信局 9月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h290928b1001.html
株式会社TMO大曲のコミュニティ放送中継局に予備免許
 - 秋田県大仙市大沢郷及び協和稲沢地区において受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、株式会社TMO大曲から免許申請のあったFM中継局2局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。 これにより、地形的な問題で市内のコミュニティ放送が聞きづらくなっていた大仙市大沢郷地区及び協和稲沢地区での受信状況が改善されます。

FM花火

東北総合通信局 9月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h290928c1001.html
日本放送協会のFM補完中継局に予備免許
 - 和歌山県すさみ町内のAMラジオ放送設備に対する津波災害対策 -
 
 近畿総合通信局は、日本放送協会から免許申請のあった下記のFM補完中継局※に対して、本日付けで予備免許通知書を交付しました。 これは、すさみ町に設置されているAMラジオ放送局のFM補完中継局であり、津波等によりAMラジオ放送設備が被災した場合においても、NHKラジオ第一放送の番組の聴取が可能となります。

NHKすさみ

近畿総合通信局 9月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001047.html
山口市阿東地区でFM補完放送を実施
〈FM放送によりAMラジオの難聴を解消〉

 中国総合通信局は、平成29年度予算で補助金交付が決定された山口放送株式会社のFM補完中継局の申請に対し、本日、免許を付与しました。 FM補完中継局の開設は、中国管内で11局目 (山口県内で8局目) となります。 これにより、山口市阿東 (あとう) 地区の一部地域における山口放送のAMラジオの難聴が解消され、山口県内のサービスエリアが広がりました。

KRY阿東FM

中国総合通信局 8月20日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000737.html

9月23日開局 (更に今秋には豊浦でも開局)
http://kry.co.jp/pdf/170923_radio_fm.pdf
種子島でFM方式によるAMラジオの補完放送開始へ
 - 中波ラジオ放送の難聴解消目的の補完中継局に予備免許を付与 -

 九州総合通信局は、本日、株式会社南日本放送から免許申請のあったFM補完中継局に対して予備免許を付与しました。 本中継局は、中波ラジオの難聴地域の解消を図ることを目的として、総務省の平成29年度 「無線システム普及支援事業費等補助金 (民放ラジオ難聴解消支援事業)」 を活用して整備されるもので、本年度内の開局が予定されています。 これにより、同社としては6局目、鹿児島県内では14局目のFM補完中継局となります。

MBC種子島

九州総合通信局 9月1日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/170901-1-0.html
奥能登国際芸術祭イベントFM放送局に免許
 ~ 奥能登国際芸術祭及び珠洲市防災総合訓練でFM放送局を開設 ~

 総務省北陸総合通信局は、本日、珠洲防災対応イベント放送実行委員会に対してイベントFM放送局の免許を付与しました。 このイベントFM放送局は、平成29年9月3日から石川県珠洲市内で開催される奥能登国際芸術祭2017において、来場者にイベント関連の情報などを提供するとともに、9月24日の珠洲市総合防災訓練においては、地域住民の防災意識の向上や啓発促進のための情報発信を目的に開設されるものです。

すずぼうさいたいおうイベントエフエム

北陸総合通信局 9月1日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre170901-2.html
北陸放送及び福井放送のFM補完中継局に予備免許
 ~ 中波放送の都市型難聴及び外国波混信の解消に向けて前進 ~

 総務省北陸総合通信局は、北陸放送株式会社から5月22日付けで免許申請のあったFM補完中継局 (MRO七尾FM及びMRO輪島FM)、並びに、福井放送株式会社から5月26日付けで免許申請のあったFM補完中継局 (FBC小浜FM及びFBC大野FM) について、本日付けで予備免許を付与しました。

北陸放送・福井放送

北陸総合通信局 9月1日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre170901-1.html
栃木県小山市のコミュニティ放送局に予備免許

 総務省関東総合通信局は、テレビ小山放送株式会社から免許申請のあった超短波放送局 (コミュニティ放送局) に対して、本日付けで予備免許を付与しました。 本放送局は、市民・地域文化の振興、地域経済の活性化及び防災対策を推進するために開設するものです。

おやまエフエム

関東総合通信局 8月30日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0830ho.html

11月4日開局
http://www.o-radi775.jp/
愛媛県新居浜市のコミュニティ放送局に予備免許

 四国総合通信局は、株式会社 ハートネットワークから免許申請のあったFM放送局 (設置場所:新居浜市) について、本日付けで予備免許を付与しました。 四国では8局目となります。

新居浜FM

四国総合通信局 8月30日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20170830.html

10月26日本免許交付、11月1日開局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20171026.html
AMラジオのFM補完中継局に予備免許
 - 静岡放送三島ラジオ局の被災に備えた補完中継局の整備 -

 総務省東海総合通信局は、静岡放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局に対して、本日、予備免許を付与しました。 本補完中継局は、静岡放送三島ラジオ局 (AM放送) が大地震発生時の地盤液状化による被害等で放送継続が困難となる恐れに備え、より安定した立地条件の場所に整備するものです。 なお、同社では本年度内に放送サービスを開始する予定としています。

SBS三島FM

東海総合通信局 8月29日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/29/0829.html

11月6日から試験電波発射
http://www.at-s.com/sbsradio/widefm/tech.html
総務省の無線局免許状等情報を見ていると、福岡県の 「シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA花火大会実行委員会」 にイベントFM放送の免許が出ていました。

FM HANABI

http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=H&DFCD=0001270031&DD=1&styleNumber=01

「FM HANABI」 として2017年7月26日の1200~2300に放送したようです。
RKB運営かな? → キャプチャ画像はここをクリック

http://blog.rkbr.jp/blog/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%80%81%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%82%E3%82%82%E3%81%A1%E8%8A%B1%E7%81%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3/

これも九州総合通信局の報道資料が出なかったので気付きませんでした。
津久見ではこれまでも何回かイベントFMが開局していますが、九州総通の報道資料は2009年のJOYZ0AE-FMまでしかなく、それ以降は一切扱っていません。 九州総通のイベントFMに対する姿勢を見ると他にも見逃していたイベントFMがあるような気も‥‥。 と思って調べたところ、結構抜けていますね。

JOYZ0AA-FM  2006年  第56回つくみ港まつり (大分県津久見市)
JOYZ0AB-FM  2007年  第60回日田川開き観光祭 (大分県日田市)
JOYZ0AC-FM  2007年  第57回つくみ港まつり (大分県津久見市)
JOYZ0AD-FM  2008年  第58回つくみ港まつり (大分県津久見市)
JOYZ0AE-FM  2009年  第59回つくみ港まつり (大分県津久見市)
JOYZ0AF-FM  
JOYZ0AG-FM  2013年  奄美復帰60周年記念 (鹿児島県知名町)
JOYZ0AH-FM  
JOYZ0AI-FM  
JOYZ0AJ-FM  
JOYZ0AK-FM  
JOYZ0AL-FM  
JOYZ0AM-FM
JOYZ0AN-FM  
JOYZ0AO-FM  2017年  第67回つくみ港まつり (大分県津久見市)
JOYZ0AP-FM  2017年  シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA花火大会 (福岡県福岡市)

「第xx回つくみ港まつり」 で検索するとリストに漏れている2010年の第60回、2014年の第64回、
2015年の第65回、2016年の第66回でもイベントFMが開局しています。

下記のPDFファイル (P.66以降) によると、更に2011年の 「第64回 日田川開き観光祭」、
2011年の 「第61回 つくみ港まつり」、2012年の 「第62回 つくみ港まつり」 でも開設されています。、
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351478.pdf

「奄美復帰60FM」 が総務省の免許情報で 「JOYZ0AG-FM」 というのは確認しているので、
JOYZ0AF-FM枠の期間の2010年、2011年で3局というのは変なのですが‥‥。



エフエム浦安は7月22日現在のデータでも以前どおり‥‥。
http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=A&DFCD=0001470880&DD=1&styleNumber=01
総務省の無線局免許状等情報を見ていると、大分県の 「つくみ港まつり実行委員会」 にイベントFM放送の免許が出ていました。

つくみ港まつりFM

http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=H&DFCD=0001269250&DD=1&styleNumber=01

2017年7月16日の1200~に放送したようです。
https://twitter.com/tsukumihanabi/status/881282313157451776
https://twitter.com/tsukumihanabi/status/886440776745574407
https://www.facebook.com/umikazeradio77.1/posts/1782796535344672

九州総通の報道資料が出なかったので気付きませんでした。
88.5MHzで3月に 「ねりまくでんぱでんぱんじっけん」 の実験放送が行われたようです。

AMラジオのFM補完中継局に予備免許 (平成29年8月15日付)
 浜松市及びその周辺におけるラジオ受信環境の改善

 総務省東海総合通信局は、静岡放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局に対して、本日、予備免許を付与しました。 本補完中継局により、浜松市及びその周辺の地形的要因や都市型難聴によりAMラジオが聞きづらかった地域において、AMラジオと同一番組がFMラジオで良好に聴取できるようになることが期待されます。 なお、同社では本年度内に放送サービスを開始する予定としています。

SBS浜松FM

東海総合通信局 8月15日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/29/0815.html

10月30日から試験電波発射
http://www.at-s.com/sbsradio/widefm/tech.html
株式会社山梨放送のFM補完中継局に予備免許
 ≪山梨県域AM放送局のFM補完中継局≫

 総務省は、株式会社山梨放送から免許申請のあったFM補完中継局 (YBS甲府FM) に対して、8月15日付けで予備免許を付与します。 本中継局は、AMラジオ放送における都市型難聴、地形的難聴の解消を目的として開設するものであり、山梨県域AM放送局で初の予備免許となります。

山梨放送

関東総合通信局 8月10日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0810ho.html
東京都八王子市のコミュニティ放送局に予備免許

 総務省関東総合通信局は、株式会社八王子エフエムから免許申請のあった超短波放送局 (コミュニティ放送局) に対して、本日付けで予備免許を付与しました。 本放送局は、市民・地域文化の振興、地域経済の活性化及び防災対策を推進するために開設するものです。

東京都八王子市のコミュニティ放送局に予備免許

関東総合通信局 8月3日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0803ho.html

公式サイト
https://hachioji-fm.com/

9月10日頃から試験電波発射、10月1日開局予定
https://hachioji.keizai.biz/headline/2365/
臨時災害放送局の開設について
~ 福岡県朝倉市が九州北部豪雨にかかる災害情報提供を目的に開設 ~

 九州総合通信局、本日、朝倉市から申請された、超短波放送局 (臨時目的放送局) を免許しました。 この放送局は、「平成29年7月九州北部豪雨」 による災害に関し、迅速かつきめ細かい情報の提供を行い、被害の軽減に資することを目的とするものです。 なお、放送に必要な機器は当局所有の臨時災害放送用機器を使用しています。

あさくらさいがいエフエム

九州総合通信局 7月21日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/170721-1-0.html