令和元年台風第19号にかかる臨時災害放送局を開設
-東京都狛江市及び茨城県大子町が災害情報の提供を目的に開設- 
 
 総務省関東総合通信局は、令和元年10月12日付けで、東京都狛江市に、また、同年10月13日付けで茨城県大子町に対して、超短波放送局(臨時災害放送局)の免許を付与しました。この放送局は、令和元年台風第19号による被害を軽減するため、住民に対して災害情報や生活支援情報などを提供することを目的に開設されたものです。

1 狛江市の免許の概要(令和元年10月12日開設、同年10月13日閉局)
こまえさいがいエフエム

【参考】
本放送局は、狛江市を放送対象区域としたコミュニティ放送局として予備免許を受けている「こまえエフエム(狛江ラジオ放送)」の放送設備を活用し、速やかに開設されたものです。なお、本放送局は、免許後において、避難勧告や避難所などの情報を市民に向け放送した後、10月13日をもって閉局しております。

2 大子町の免許の概要(令和元年10月13日開設、運用中)
だいごさいがいエフエム

【参考】
本放送局は、既設のコミュニティ放送局であるFMだいご(まちの研究室)の放送設備の一部が被災し、放送の継続が困難となったことから、茨城県水戸市を放送対象区域とするコミュニティ放送局であるFMぱるるん(水戸コミュニティ放送)の支援を受け開設されたものです。

関東総合通信局 10月17日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2019/1017ho02.html
株式会社エフエム滋賀のFM中継局に予備免許
 -FMラジオ放送の難聴を解消-

 近畿総合通信局は、株式会社エフエム滋賀のFM中継局に対して、本日、予備免許を付与しました。本中継局は、滋賀県長浜市、彦根市及び米原市の一部における株式会社エフエム滋賀のFMラジオ難聴解消を目的に設置するもので、令和元年度の「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」を交付しています。

エフエム滋賀

近畿総合通信局 10月17日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001559.html