最近は毎年のように中央の経済之声がEスポにより新たな周波数で受信できます。中国之声のように県レベルでの設置ではなく、まだ省都以外の地方市(地級)で始まり出したという所です。公式な発表がないので送信地は中国のウェブサイトで検索して推定するしかないのですが、今年受信できた新周波数を考察してみました。

◎87.5MHz (モノラル)

入感エリアから送信地は山東南部~江蘇省北部と思われます。
87.5MHzで検索すると福建省廈門市でも始まっているようですが、
入感方向が違いますし、厦門の方はステレオ送信です。
http://blog.163.com/rinsk@126/blog/static/63723255201362661044185/

◎94.0MHz

安徽省の宜城市です。
これは公式に載っています。
http://www.cnr.cn/jmb/erji/jjzs.html

◎97.2MHz (ステレオ)

入感エリア、各種情報から江蘇省の連雲港市と推定しています。
http://baike.baidu.com/view/1091676.htm

以前、97.2MHzは連雲港台が使用していました。

90.2MHz  連雲港経済広播
94.4MHz  連雲港人民広播電台
97.2MHz  江蘇新聞広播
102.1MHz  連雲港交通広播
 ↓
90.2MHz  連雲港経済広播
93.6MHz  連雲港新聞広播
97.2MHz  江蘇新聞広播
102.1MHz  連雲港交通広播
 ↓
90.2MHz  連雲港経済広播
93.6MHz  中国之声
96.0MHz  江蘇新聞広播
97.2MHz  連雲港新聞広播
98.1MHz  連雲港故事広播
102.1MHz  連雲港交通広播
 ↓
90.2MHz  連雲港経済広播
92.7MHz  連雲港交通広播
93.6MHz  中国之声
97.2MHz  廃止 (新聞広播は102.1MHzへQSY)
96.0MHz  江蘇新聞広播
98.1MHz  廃止 (連雲港故事広播も一時休止)
102.1MHz  連雲港新聞広播
 ↓
90.2MHz  連雲港経済広播→新農村広播 (城市之声)
92.7MHz  連雲港交通広播
93.6MHz  中国之声
96.0MHz  江蘇新聞広播
97.2MHz  経済之声
102.1MHz  連雲港新聞広播
104.8MHz  連雲港故事広播

◎98.0MHz

山東省の淄博市です。
中国之声の新聞和報紙摘要で放送されたそうです。
http://tieba.baidu.com/p/1282762965

98.1MHzの山東省煙台市は未受信に終わりそうです。
http://a.jiaodong.net/minsheng/ms_detail.asp?info_id=562723

◎105.1MHz (ステレオ)

入感エリア、各種情報から遼寧省の鞍山市と推定しています。
http://tieba.baidu.com/p/2294728247

以前、105.1MHzは鞍山台が使用していました。

87.9MHz  千山人民広播電台
89.7MHz  鞍山経済広播
101.0MHz  鞍山人民広播電台
105.1MHz  鞍山交通広播
 ↓
87.9MHz  鞍山評書広播
89.7MHz  鞍山経済広播
95.3MHz  鞍山交通広播
99.5MHz  鞍山新聞広播
101.0MHz  中国之声
105.1MHz  鞍山音楽広播
 ↓
87.9MHz  鞍山評書広播
89.7MHz  鞍山経済広播
93.8MHz  鞍山音楽広播
95.3MHz  鞍山新聞広播
99.5MHz  鞍山交通広播
101.0MHz  中国之声
105.1MHz  経済之声

◎105.7MHz (ステレオ)

105.1MHzと同時入感するので送信地は遼寧省と思われますが検索に引っ掛かりません。



2012年12月22日までに下記の13都市で経済之声と音楽之声が開局しているそうです。

経済之声

当地で受信できる距離の都市は吉林、鞍山、淮安、宿遷、徐州、連雲港、撫順、営口の8局、
鞍山は105.1MHz、連雲港は93.6MHzなので除外、
105.7MHzの候補は撫順、営口だが、撫順交通広播が106.1MHzなので撫順は近過ぎて違いそう、
87.5MHzの候補は淮安、宿遷、徐州だが、泰州、南通、塩城、鎮江でも近日開局なので候補は増えそう。

結論として、87.5MHzと105.7MHzの送信地はは分かりません。現地からの情報を捜すしかありません。
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1239-776c5a47