株式会社エフエム岐阜から、岐阜エフエム放送株式会社所属の特定地上基幹放送局(超短波放送)の免許人の地位の承継について申請があり、総務省は、本日、これを許可しました。これにより、平成26年3月1日から株式会社エフエム岐阜がFMラジオ放送サービスを行うこととなります。

【承継する無線局の概要】

申請者=株式会社エフエム岐阜 (代表取締役社長 黒坂 修)
事業譲渡者=岐阜エフエム放送株式会社 (代表取締役社長 金川 五郎)
承継に係る無線局=岐阜親局並びに土岐南、高山、下呂、中津川、郡上八幡及び神岡流葉の各中継局
申請年月日=平成26年1月27日
放送対象地域=岐阜県
世帯カバー率=94.0%
承継日=平成26年3月1日

【株式会社エフエム岐阜の概要】

設立年月日=平成25年8月1日
代表者=黒坂 修(兼職:㈱ジャパンエフエムネットワーク専務取締役、㈱ミュージックバード取締役)
資本金=5,000万円(平成26年2月末予定)
主たる出資者(平成26年2月末予定)
・株式会社エフエム愛知 40.0%
・株式会社アセント 20.0%
・株式会社エフエム東京 20.0%
・株式会社ジャパンエフエムネットワーク 20.0%
※株式会社アセントは株式会社エフエム愛知の100%子会社

東海総合通信局 報道資料 2014年2月24日付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/26/0224.html

経営難の岐阜エフエム、3月で解散
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-1387.html
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1397-16d2751f