FM補完中継局に予備免許  -災害対策用FM補完中継局として、全国初の予備免許-

 九州総合通信局は、本日、株式会社南日本放送から免許申請のあったFM補完中継局1局(MBC鹿児島FM)に対して予備免許を付与しました。本中継局は、霧島市にある同社のAMラジオ放送の鹿児島ラジオ送信所(親局)が、災害発生時に被害を受け放送の継続が困難となる事態への対策を目的とするものであり、こうした災害対策を目的としたFM補完中継局としては全国初の予備免許となります。

【基幹放送局の概要 (MBC鹿児島FM)】

申請者=(株)南日本放送
放送区域及び放送区域内世帯数=鹿児島県鹿児島市、鹿屋市、指宿市、垂水市、日置市、霧島市、
                      南九州市、姶良市、肝属郡錦江町、南大隅町の各一部 238,135世帯
送信所設置場所=鹿児島県鹿児島市紫原
工事落成期限=予備免許の日から9月目の日
電波の型式、周波数=F8E 92.8MHz
空中線電力=1kW
最大実効輻射電力=3.45kW
運用許容時間=常時
本放送開始予定日=平成27年3月頃 (注:本放送開始予定日は、変更になる場合があります。)

九州総合通信局報道資料 7月16日付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/140716-1-0.html

いよいよV-Lowでの国内向けラジオ放送が始まります。



ニッポン放送、FM波申請

 ニッポン放送は8日の定例会見で、ラジオのAM放送で流れている番組をFM波でも放送する「FM補完中継局」の予備免許を総務省に申請したと発表した。文化放送、TBSラジオも既に申請したことが明らかになっており、在京の民放ラジオ3局がFM波での放送を目指すことになる。

朝日新聞 7月9日付
http://www.asahi.com/articles/DA3S11231435.html

在京中波局も免許申請しているようです。
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1511-3c1c06cd