東北総合通信局は、大曲の花火ウィーク実行委員会から開設申請のあったイベント用FM放送局(臨時目的用超短波放送局)に対し、7月18日付けで予備免許を付与しました。
 大曲の花火ウィーク実行委員会は、大曲の花火ウィーク期間中(8月17日~23日)、中心市街地の商店街が一週間にわたり開催する様々なイベントの周知・PRや、周辺道路の渋滞緩和のため交通情報などを一般市民や観光客へ情報提供するため、イベント用FM放送局を開局します。
 期間中に開催される「全国花火競技大会 大曲の花火」(8月23日(土))は、例年、全国から訪れる多くの観光客で大変混雑することから、イベント用FM放送局による情報提供は、来場者の利便に大きく寄与するものと期待されます。

【予備免許の概要】

申請者=大曲の花火ウィーク実行委員会
識別信号=だいせんイベントエフエムほうそう JOYZ2AS-FM
放送区=大仙市の一部 (全国花火競技大会会場及びその周辺)
電波の型式、周波数、空中線電力=F8E 87.3MHz 20W(最大実効輻射電力 30W)
無線設備の設置場所=演奏所・送信所 : 秋田県大仙市
放送期間=平成26年8月17日から8月24日まで(8日間)

東北総合通信局 報道資料 7月18日付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h260718b1001.html
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1512-ea2f69dc