中国管内初、島根県隠岐地区で外国波混信対策用中継局の予備免許
 -AMラジオの外国波混信対策用としてFM中継局を設置-

 中国総合通信局は、日本放送協会 (NHK) から申請された、中波放送 (AMラジオ) の外国波混信による受信障害解消のための超短波放送 (FM中継局) を本日付けで予備免許しました。
 NHK松江第1放送 (1296kHz) は、長年にわたり夜間に外国からの放送による混信が発生しており、島根県隠岐諸島ではNHK中波放送の聴取が困難な状況となっていました。 この対策として、NHKでは隠岐の島町にFM中継局を設置するというものであり、これにより同地区の受信状況の改善が期待されます。 なお、外国波の夜間混信対策用としてFM中継局の開設は、中国管内では初めてとなります。

【予備免許の概要】

局名=NHKおきだいいちほうそう
電波の型式、周波数、空中線電力=F8E、79.4MHz、100W
送信所=島根県隠岐郡隠岐の島町
放送区域=隠岐の島町、海士町及び西ノ島町の各一部 (約7,500世帯)

中国総合通信局報道資料 11月5日付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2014/01sotsu08_01000272.html

電波型式がF8E (ステレオ) になっていますが、沖縄・鹿児島・小笠原のはF3E (モノラル) なんですよね。
NACK5の隣か‥‥、ナローならEsで聞こえそうですが。
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1535-bd3b619b