沿海地方の810kHzが2月1日に廃止されましたが、FMにも変動があるそうです。
2月1日からVladivostokでR.Rossiiが102.1MHz、R.Mayakが88.8MHzで開始。
他にUssuriiskが106.0MHz、Nakhodkaが101.4MHzでR.Rossiiを開始(予定?)。

http://www5a.biglobe.ne.jp/BCLSWL/TA1502.html
http://vestiprim.ru/2015/02/02/radio-rossii-izmenyaet-shemu-veschaniya-v-primorskom-krae.html

更に66.74MHzと71.84MHzは廃止するようです。
局の公式サイトは
  
http://vestiprim.ru/2015/02/13/radio-rossii-pomenyaet-diapazon-veschaniya-v-primore.html

ウラジオストク市の公式サイト(?)は

http://www.vlc.ru/news/ads/115637/

下記をGoogle翻訳すると・・・

「ラジオロシア」は放送周波数を変更 2015年2月11日

沿海地方における全ロシア国営テレビ·ラジオ放送会社(RTR)の決定に従い、中波帯の810kHzの周波数で「ラジオロシア」を放送停止。

今年、ラジオロシアはFMバンドに現れます。

・Vladivostok - 102.1MHz
・Ussuriysk - 106MHz
・Nakhodka - 101.4MHz

現在、ラジオロシアはVHF FMの範囲で聞くことができます。

・Vladivostok - 71.84MHz
・Nakhodka - 66.74MHz
・Arsen'ev - 68.6MHz
・Dal'negorsk - 70.04MHz
・Dal'nerechensk - 69.32MHz
・Chkalovskoye - 72.08MHz
・Novozhatkovo - 70.64MHz

VladivostokとNakhodkaのVHF FM(71.84MHzおよび66.74MHz)はFMバンドで放送後、終了します。

(ちなみにロシアでFMは87.5~108.0MHzを指し、VHF(УКВ)は66~74MHzを意味します。
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1551-c7594efb