コミュニティ放送局に予備免許
-大牟田市等において、福岡県内で7局目の開局予定-

 九州総合通信局は、本日、株式会社有明ねっとこむから免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)に対して、予備免許を付与しました。本放送局は、福岡県大牟田市、みやま市及び熊本県荒尾市の各一部区域を対象として開局されるものであり、福岡県内で7局目、管内で39局目のコミュニティ放送局となります。

◎申請者=株式会社有明ねっとこむ (福岡県大牟田市)
◎代表者=代表取締役:永利 新一 (ながとし しんいち)
◎電波の型式、周波数及び空中線電力=F8E 79.3MHz 10W
◎呼出符号及び呼出名称=JOZZ0CJ-FM エフエムたんと
◎設置場所 (演奏所・送信所)=大牟田市内
◎放送区域及び放送区域内世帯数=大牟田市 49,936世帯 (全世帯数の93.7%)
                        みやま市 13,072世帯 (全世帯数の89.2%)
                        荒尾市 20,898世帯 (全世帯数の93.7%)
                        3市合計 83,906世帯 (全世帯数の93.0%)
◎開局予定=平成28年7月頃

九州総合通信局 3月23日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160323-1-0.html

関連サイト
https://www.ariakeinfo.ne.jp/
https://www.facebook.com/FMtanto/
http://www.sankei.com/region/news/160323/rgn1603230034-n1.html
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1783-c2ed1479