登米市の受信障害対策中継放送を行う放送局に予備免許 
 - 宮城県登米市石越 (いしこし) 及び豊里 (とよさと) 地区において受信状況が改善 -
 
 東北総合通信局は、登米市から免許申請のあった受信障害対策中継放送を行う放送局2局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。 これにより、地形的な問題で市内のコミュニティ放送が聞きづらくなっていた登米市石越地区や豊里地区での受信状況が改善されます。

【石越中継局の概要】
 申請者 登米市
 基幹放送局の名称 とめコミュニティエフエム石越受信障害対策中継局
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F8E 76.7MHz 20W (実効輻射電力 48.6W) 
 設置場所 宮城県登米市
 運用開始予定 平成28年10月
 放送区域内世帯数 宮城県登米市の一部区域 1,618世帯 (カバー率 6.5%) 

【豊里中継局の概要】
 申請者 登米市
 基幹放送局の名称 とめコミュニティエフエム豊里受信障害対策中継局
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F8E 76.7MHz 10W (実効輻射電力 30.3W)
 設置場所 宮城県登米市
 運用開始予定 平成28年10月
 放送区域内世帯数 宮城県登米市の一部地域 4,241世帯 (カバー率 17.0%)

東北総合通信局 9月15日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280915a1001.html
TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/1922-06541e97