宮城県気仙沼市のコミュニティ放送局に免許
- 臨時災害放送局と同様のエリアを確保 -

 東北総合通信局は、株式会社ラヂオ気仙沼から提出されていたコミュニティ放送局の開設申請に対し、本日付けで免許を付与しました。 この放送局は、宮城県気仙沼市の送信所及び中継局2局から電波を発射し、気仙沼市の一部を放送対象地域とするもので、同市が免許を受けて運用していた臨時災害放送局 「けせんぬまさいがいエフエム」 の放送設備を譲り受け、送信周波数と放送エリアを変えずに運用するものです。 なお、本免許に伴い同市から提出されていた臨時災害放送局の廃止届を、本日付けで受理しました。これにより、東日本大震災に際し設置され、現在運用されている東北管内の臨時災害放送局は、3市町3局となりました。

 
 申請者
 株式会社ラヂオ気仙沼
 代表取締役 昆野 龍紀
 宮城県気仙沼市太田1‐6‐12
 呼出名称・呼出符号 JOZZ2BO-FM けせんぬまエフエム
 
 電波型式・周波数・空中線電力
 送信所 F8E 77.5MHz 20W (実効輻射電力 36.3W)
 本吉中継局 F8E 77.5MHz 20W (実効輻射電力 19.4W)
 唐桑中継局 F8E 77.5MHz 5W (実効輻射電力 12.4W)
 設置場所 演奏所・送信所:宮城県気仙沼市
 運用開始予定 平成29年7月1日
 
 放送区域内世帯数
 けせんぬまエフエム 気仙沼市の一部区域 18,592世帯 (カバー率 77%)
 本吉中継局 気仙沼市の一部区域 1,665世帯 (カバー率 6.9%)
 唐桑中継局 気仙沼市の一部区域 372世帯 (カバー率 1.5%)

東北総合通信局 6月27日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h290627a1001.html

けせんぬまさいがいエフエムは6月26日閉局
http://km-saigaifm.com/
TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/2037-97393ef5