富山県総合防災訓練において放送の確保訓練を実施
 ~ 臨時災害放送局の開設訓練等 ~

 総務省北陸総合通信局は、平成30年9月2日(日)に富山県の氷見市、高岡市及び射水市で実施される「平成30年度富山県総合防災訓練」において、下記のとおり放送の確保訓練を実施します。

 災害時の被災者支援情報や生活関連情報等の伝達手段にテレビ・ラジオ放送の果たす役割は大きく、本年7月の西日本豪雨災害では、広島県熊野市や坂町で臨時災害放送局(FM放送局)を特例措置により開設し、放送の確保を行いました。
 
 今回の訓練では、災害時において放送を通じた災害情報、被災者支援情報、生活関連情報等の発信を可能とするため、氷見市、高岡市、日本コミュニティ放送協会富山地区連絡会((株)ラジオたかおか、富山シティエフエム(株))及び北陸総合通信局が連携し、合同訓練を実施します。
 
 訓練模様は、氷見市が開設する臨時災害放送局(当局貸与の機器を使用)(87.3MHz)から訓練対象地域及びその周辺に向けて放送されるほか、コミュニティ FM局から臨時災害放送局へ移行した(株)ラジオたかおかの放送エリア内においても訓練の模様が放送されます。更に、富山シティエフエム(株)では、訓練の模様を番組の一部として放送されます。
 
また、当局から地方公共団体へ貸与可能な災害対策用移動通信機器等の展示を 行います。

訓練日時:平成30年9月2日(日) 8:30 ~ 11:30
訓練場所:富山県総合防災訓練
     氷見市臨時災害放送局設置場所 :氷見運動公園(C会場)
     移動通信機器等の展示 :氷見運動公園(B-1会場)

(以下略)

北陸総合通信局 8月30日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre180830-3.html

「氷見市が開設する臨時災害放送局(当局貸与の機器を使用)(87.3MHz)から訓練対象地域及びその周辺に向けて放送される」とあるので、何らかの無線局(
村上市のように実験局とか)が開設される可能性があると思われますが。ラジオたかおかのサイマル放送を聞いてみようか。



「コミュニティ FM局から臨時災害放送局へ移行した(株)ラジオたかおかの放送エリア内においても訓練の模様が放送されます」とあったので、9月2日にラジオたかおかのライブストリーミングを聞いてみました。0900まで通常番組で、0900から音楽が流れ、0930~1130に訓練放送がありました。放送で「87.3MHz 出力50W」と言っています。番組中では口頭で放送免許を申請するデモンストレーションなども放送されました。1000~1030はラジオたかおのスタジオから、ラジオたかおかが臨時災害FMの免許を申請するデモンストレーションも同様に行われました。

★ストリーミングで聞いた訓練放送 2018年9月2日 0930~
★ストリーミングで聞いた訓練放送 2018年9月2日 0945~
★ストリーミングで聞いた訓練放送 2018年9月2日 1000~

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/2265-5a5ea124