コミュニティ放送局に予備免許  -佐賀県佐賀市において佐賀県内2局目の開局予定-

 九州総合通信局は、本日、株式会社コミュニティジャーナルから免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)に対して、予備免許を付与しました。本放送局は、佐賀県佐賀市を対象として、コミュニティ放送を行おうとするものであり、平成24年3月の開局に向けて準備を進めることとなります。概要は下記。

会社名等=株式会社コミュニティジャーナル  代表取締役社長:池田眞由美
        佐賀県佐賀市呉服元町7番1号
電波の型式、周波数及び空中線電力=F8E 89.6MHz 20W
呼出符号及び呼出名称=JOZZ0BX-FM コミュニティジャーナルエフエム
設置場所=演奏所:佐賀県佐賀市呉服元町7番1号
        送信所:佐賀県佐賀市城内一丁目1番59号
放送区域内世帯数(平成22年国勢調査による)=佐賀県佐賀市 42,000世帯(カバー率 45.6%)

九州総合通信局報道資料 2011年12月22日付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/111222-1-0.html



えびすFMが試験放送 佐賀市でGW開局へ

 佐賀市で、ゴールデンウィークに開局予定のコミュニティーFM「えびすFM」の試験放送が、8日から始まった。周波数は89・6メガヘルツで、エリアは旧佐賀市内の4万2千世帯。
 えびすFMは同市呉服元町の「コミュニティジャーナル」(池田眞由美社長)が運営。佐賀市白山のエスプラッツ1階に放送局を構える。昨年から開局準備を進めていた。池田社長は「エリア内の人は、手元のラジオで周波数を合わせてみて」と呼び掛ける。
 試験電波では音楽を流している。開局後は、市民がパーソナリティーを務め、街の話題や農業情報などの番組を予定している。

佐賀新聞 2012年3月9日付
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2167397.article.html

地元局は問題ないですが、中国局の大混信に埋もれそう・・・。

局のサイト
http://ebisufm.com/
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/810-62eb2819