2月11日の2015~2050*に6300kHzで朝鮮語放送が受信できました。男性アナの声が6230kHzなどの対北朝鮮の不明局と同じで、2048に「我らの願い」で終了しました。番組内容が従来と異なり、終了音楽も異なるので新たなパターンの出現のようです。Hiroshi氏のブログによると、2月9日から6300kHzで1500~1550・2000~2050の新たなパターンの放送が始まったそうです。  http://hiroshi.mediacat-blog.jp/e75744.html

1300~1338 6135, 6230kHz (1)
1400~1435 6435, 6550kHz (2)
1500~1550 6300kHz (3)
1900~1935 6435, 6550kHz (2)
2000~2050 6300kHz (3)
2100~2138 6135, 6230kHz (1)

従来、放送は2パターンありましたが、今回は新たに第3パターンが出現したことになります。

(1)=開始曲“올래(来て!)”、男声によるトーク(2回繰り返し)、終了曲“사랑을 위하여(愛のために)”
(2)=開始曲“휘파람(口笛)”、女声によるトーク(2回繰り返し)、終了曲“우리의 소원(私達の願い)”
(3)=開始曲“평화(平和)”、男声によるトーク(2回繰り返し)、終了曲“우리의 소원(私達の願い)”

(3)の番組は金正恩氏が新指導者になってからのものなので、彼が話の中心になっているようです。曰く、金正日将軍はハバロフスクで生まれたとか、母親の金英姫氏は日本大阪市生野区出身の在日朝鮮人であるとか、どのように出会っていつ死亡したとか、北朝鮮の国家最高機密の話ばかりです。(3)の冒頭にはお祈りのようなものがあり、そこで「アーメン」と言っているようなので、キリスト教も絡んでいるのでしょうか。

開始曲に関してtuskさんから情報をいただきました。
(3)パターンの開始曲はイジョンヒョンの「平和」という曲だそうです。
tuskさん、情報ありがとうございました。

 
Secret

TrackBackURL
→http://fmdx.blog81.fc2.com/tb.php/845-f852e299