日本放送協会(NHK)の災害対策用FM補完中継局に予備免許
≪徳島、愛媛、高知3県下の南海トラフ巨大地震をはじめとする災害への対策≫

 四国総合通信局は、NHKから免許申請のあったFM補完中継局3局 (NHK日和佐補完R1、NHK宇和島補完R1及びNHK宿毛補完R1) に対して本日予備免許を付与します。
 本中継局は、徳島県海部郡美波町、愛媛県宇和島市及び高知県宿毛市にあるラジオ第一放送の送信所 (中継局) に係る、南海トラフ巨大地震をはじめとする災害対策を目的として開設するものです。 NHKが、四国管内でFM補完中継局開設するのは初めてであり、複数県 (3県) のFM補完中継局に同時に予備免許を行うのは全国で初めてです。
 また、NHKが災害対策を目的として、FM補完中継局を開設するのは、大分県佐伯市 (NHK佐伯補完R1、NHK東蒲江R1、NHK蒲江R1) に次ぐものです。 これにより、四国管内のFM補完中継局は、南海放送株式会社が開設した愛媛県内6局に加え、計9局になります。なお、徳島県及び高知県下では、初の開設となります。

四国総通_NHK-1

四国総合通信局 9月9日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20160909.html
大仙市の受信障害対策中継放送を行う放送局に予備免許
- 秋田県大仙市協和 (きょうわ) 及び伊岡 (いおか) 地区において受信状況が改善 -
 
 東北総合通信局は、大仙市から免許申請のあった受信障害対策中継放送を行う放送局2局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。 これにより、地形的な問題で市内のコミュニティ放送が聞きづらくなっていた大仙市協和地区や伊岡地区での受信状況が改善されます。

【協和受信障害対策中継局の概要】
 申請者 大仙市 秋田県大仙市大曲花園町1-1
 基幹放送局の名称 だいせんエフエム協和受信障害対策中継局
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F8E 87.3MHz 20W (実効輻射電力 25W)
 設置場所 秋田県大仙市
 運用開始予定 平成28年10月
 放送区域内世帯数 秋田県大仙市の一部区域 1,435世帯 (カバー率 5.1%)

【伊岡受信障害対策中継局の概要】
 申請者 大仙市 秋田県大仙市大曲花園町1-1
 基幹放送局の名称 だいせんエフエム伊岡受信障害対策中継局
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F8E 87.3MHz 3W (実効輻射電力 9.7W)
 設置場所 秋田県大仙市
 運用開始予定 平成28年11月
 放送区域内世帯数 秋田県大仙市の一部区域 221世帯 (カバー率 0.8%)

東北総合通信局 9月9日付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280909b1001.html
長崎県及び佐賀県内における中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて
 - 中波ラジオ放送のFM方式による補完中継局に、予備免許を付与 -

 九州総合通信局は、本日、中波放送を行う地上基幹放送事業者から免許申請のあったFM補完中継局2局に対して予備免許を付与しました。 本中継局は、中波ラジオの難聴地域の解消を図ることを目的として設置されるもので、総務省所管の民放ラジオ難聴解消支援事業等を活用しています。 なお、NBC佐賀FM局の開設により、九州局管内の全県においてワイドFMの放送サービスが始まります。

NBC佐賀

NBC佐世保・佐賀

九州総合通信局 9月6日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160906-1-0.html



NBC佐賀FMが12月8日から試験電波発射開始
https://twitter.com/ratewosan/status/806843566085394432
https://twitter.com/UmeboshiREC/status/807604254793875456
NHK岩泉小川中継局の設置場所変更等を許可
- 被災地岩泉小川地区の放送を確保 -

 東北総合通信局は、本日、日本放送協会から申請のあったNHK岩泉小川 (いわいずみこがわ) 中継局の設置場所等の変更を 「臨機の措置」 で許可しました。 これは、台風10号の被害による停電で放送ができなくなったNHK岩泉小川中継局のエリア内の皆様に向けて放送を継続するために、衛星受信車と非常用送信車等を使用して放送局を設置するものです。

NHK

東北総合通信局 9月2日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280902a1001.html
イベント用FM放送局及びエリア放送局に予備免許
- 希望郷いわて国体・希望郷いわて大会の運営を支援 -

 東北総合通信局は、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会実行委員会から免許申請のあったイベント用FM放送局及び株式会社フロムいわてから免許申請のあったエリア放送局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。今回、予備免許されたイベント用FM放送局は、北上市の国体会場に来場する視覚障がい者の方などに向けた周知や情報提供を行うことを目的として、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会実行委員会が開設するラジオ放送です。一方、エリア放送は、宮古市の沖合で行われるセーリング競技の模様を、大会拠点であるリアスハーバー宮古や海上の船舶などで視聴を可能とするため、運営委託会社である株式会社フロムいわてが開設するテレビ放送です。

【イベント用FM放送局予備免許の概要】
 申請者 希望郷いわて国体・希望郷いわて大会実行委員会
 岩手県盛岡市内丸11-1
 基幹放送局の名称 いわてこくたいエフエムほうそう
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F3E 88.8MHz 3W (最大実効輻射電力 1.85W)
 設置場所 岩手県北上市
 運用開始予定 平成28年10月1日および11日
 (希望郷いわて国体開会式および閉会式)
 平成28年10月22日および24日
 (希望郷いわて大会開会式および閉会式)
 放送区域内世帯数 北上総合運動公園およびその周辺

【エリア放送局予備免許の概要】
 申請者 株式会社フロムいわて 
 岩手県盛岡市志野町13-32
 基幹放送局の名称 フロムいわてエリアほうそう
 電波の型式、周波数及び空中線電力 5M70 X7W 653.142857MHz (43ch)
 0.05W (最大実効輻射電力 0.044W)
 設置場所 岩手県宮古市
 運用開始予定 平成28年10月1日から5日
 放送区域内世帯数 リアスハーバー宮古及びその周辺           

東北総合通信局 8月30日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280830a1001.html
「信楽まちなか芸術祭」のイベントFM放送局に予備免許

 近畿総合通信局は、信楽まちなか芸術祭実行委員会から免許申請のあった超短波放送局 (イベント放送局) について、本日、予備免許を付与しました。本放送局は、本年10月1日から10月23日まで滋賀県甲賀市信楽町で開催される「信楽まちなか芸術祭」において、各種催し・観光・交通などのきめ細かな情報を提供するため開設するものです。

しがらきエフエム

近畿総合通信局 8月29日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01000869.html

局公式
http://fm775.jp/
https://twitter.com/fmshigaraki
https://twitter.com/fm_shigaraki
http://fmshigaraki.shiga-saku.net/
https://www.facebook.com/fmshigaraki/
静岡エリアにおけるV-Lowマルチメディア放送に予備免許 (V-Low静岡)

 総務省東海総合通信局は、株式会社VIPから免許申請のあったV-Lowマルチメディア放送を行う移動受信用地上基幹放送局 (静岡中継局) を本日、予備免許しました。 当該中継局は、東海・北陸ブロックではV-Low名古屋 (放送区域は、愛知県、三重県、岐阜県の各一部) に次いで2番目となる放送局で、同社では、本年10月に放送サービスを開始する予定としています。

静岡V-Low

東海総合通信局 8月25日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/28/0825.html

8月30日から試験電波発射
http://vip.v-low.jp/info/denpa_news/70/
http://vip.v-low.jp/denpa/shizuoka.html
株式会社登米コミュニティエフエムの中継局に予備免許
- 宮城県登米 (とめ) 市内でコミュニティ放送がエリア拡大 -

 東北総合通信局は、株式会社登米コミュニティエフエムから免許申請のあったFM中継局2局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。本中継局の開設により、地形的な問題でコミュニティ放送が聞きづらくなっていた登米市新田 (にった) 及び登米 (とよま) 地区での受信状況が改善されます。

【新田中継局の概要】
 申請者 株式会社登米コミュニティエフエム
 基幹放送局の名称 とめコミュニティエフエム新田中継局 
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F8E 76.7MHz 20W (実効輻射電力 110W) 
 設置場所 宮城県登米市
 運用開始予定 平成28年10月
 放送区域内世帯数 宮城県登米市の一部区域 564世帯 (カバー率 2.3%) 

【登米中継局の概要】
 申請者 株式会社登米コミュニティエフエム
 基幹放送局の名称 とめコミュニティエフエム登米中継局
 電波の型式、周波数及び空中線電力 F8E 76.7MHz 5W (実効輻射電力 27.5W)
 設置場所 宮城県登米市
 運用開始予定 平成28年10月
 放送区域内世帯数 宮城県登米市の一部地域 1,462世帯 (カバー率 5.8%)

東北総合通信局 8月21日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280822a1001.html
AMラジオのFM補完中継局に予備免許 (静岡放送株式会社)
 ー 静岡市及びその周辺におけるラジオ受信環境の改善 -

 総務省東海総合通信局は、静岡放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局に対して、本日、予備免許しました。本補完中継局により、静岡市及びその周辺の地形的要因や都市型難聴によりAMラジオが聞きづらかった地域において、AMラジオと同一番組がFMラジオで良好に聴取できるようになることが期待されます。なお、同社では本年末に放送サービスを開始する予定としています。

SBS-FM

東海総合通信局 8月16日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/28/0816.html

11月30日免許交付
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/28/1130-1.html

12月1日 1400開局
http://www.at-s.com/sbsradio/widefm/
株式会社いわき市民コミュニティ放送の中継局に予備免許
- 福島県楢葉町(ならはまち)において聴取可能に -

 東北総合通信局は、株式会社いわき市民コミュニティ放送から免許申請のあったFM中継局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。これにより、楢葉町からいわき市に避難していた多くの方が、帰町後も引き続いて生活圏を共有するいわき市周辺の生活情報や楢葉町の広報番組等を聴取することが可能となり、帰町促進に役立つものと期待されています。

 申請者 株式会社いわき市民コミュニティ放送
 基幹放送局の名称 いわきしみんコミュニティエフエム楢葉中継局
 電波の型式、周波数および空中線電力 F8E 76.2MHz 20W (最大実効輻射電力 50.8W)
 設置場所 福島県双葉郡楢葉町
 運用開始予定 平成28年9月
 
 放送区域内世帯数
 楢葉町の一部区域 2.562世帯 (カバー率 99.5%)
 富岡町の一部区域 329世帯 (カバー率 5.4%)
 広野町の一部区域 88世帯 (カバー率 4.9%)

東北総合通信局報道資料 8月1日付を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280810a1001.html
熊本県及び宮崎県内における災害対策及び中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて
-中波ラジオ放送のFM方式による補完中継局に、予備免許を付与-

 九州総合通信局は、本日、中波放送を行う地上基幹放送事業者2社から免許申請のあったFM補完中継局
3局に対して予備免許を付与しました。本中継局は、中波ラジオの難聴地域の解消または災害対策を図ることを目的として設置されるもので、総務省所管の民放ラジオ難聴解消支援事業等を活用しています。

RKK

MRT

九州総合通信局報道資料 8月9日付を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160809-2-0.html
愛知県犬山市のコミュニティFM局 「愛知北エフエム放送」 が9月20日で放送終了するようです。

http://842fm.jp/sp/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003706432768

同局などが被告になっている裁判がらみでしょうか。

http://sk3-harada.jp/case/2007/



予告どおり9月20日に放送が終了しましたが、10月にに早々と復活します。
公式サイトが10月13日にリニューアルされ、10月26日から試験電波発射が予告されています。
幹部スタッフの名前も以前と同じで、あの閉局騒ぎはいったい何だったのだろう・・・。

http://842fm.jp/

広島県及び山口県内のAMラジオ難聴対策でFM補完中継局に予備免許
都市型難聴対策及び外国波混信対策のため設置

 中国総合通信局は、(株)中国放送及び山口放送(株)から免許申請のあったFM補完中継局に対して、本日、予備免許しました。 本中継局の概要は以下のとおりです。

中国総通

中国総合通信局 6月29日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2016/01sotsu08_01000572.html

RCC福山FMは10月1日開局
http://www.1350.jp/fm_hokan.htm?utm_content=bufferc31eb&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
 九州総合通信局は、本日、株式会社FMしまばらから免許申請のあった超短波放送局 (コミュニティ放送局) の中継局に対して、予備免許を付与しました。 本放送局は、島原市と南島原市が、経済的、文化的、行政的に住民のコミュニティとしての一体性が認められるもので、株式会社FM島原が同じ地域情報を放送する観点から、南島原市の一部を放送対象区域に加えるために、開局するものです。

FMしまばら

九州総合通信局 6月20日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160621-1-0.html
札幌圏におけるAMラジオ放送の難聴解消
― FM補完中継局に予備免許 ―

 北海道総合通信局は、北海道放送株式会社及び株式会社STVラジオから免許申請のあったFM補完中継局に対して、平成28年6月9日(木曜日)、予備免許通知書を交付しました。 本補完中継局により、札幌圏のAMラジオが聞きづらかった地域で、AMラジオと同じ番組がFMラジオで良好に聞こえるようになることが期待されます。

北海道総通

北海道総合通信局 6月9日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2016/0609f.html

9月1日から試験電波発射
https://twitter.com/HBC_radio1287/status/771189943423033345
http://www.stv.ne.jp/radio/rtopics/index.html?idno=20160831174441
https://twitter.com/stvradio/status/771152442423554048
コミュニティ放送局に予備免許
~ エフエム雪国 湯沢町二居 (ふたい) 地区に放送区域拡大 ~

 信越総合通信局は、本日、株式会社エフエム雪国から免許申請のあったコミュニティ放送局 (超短波放送局) の中継局1局 (二居中継局) に対して、予備免許を付与しました。 株式会社エフエム雪国は、平成10年から新潟県南魚沼市及び湯沢町の各一部を放送区域として、コミュニティ放送を実施しています。 今般、湯沢町の二居地区における難聴を解消するために中継局を設置しようとするものです。

信越総通

信越総合通信局 5月27日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/160527-2.html
株式会社和歌山放送のFM補完中継局に免許
-近畿でワイドFM広がる-

 近畿総合通信局は、株式会社和歌山放送から免許申請のあったFM補完中継局3局に対し、本日付けで免許を付与しました。

近畿総通_WBS

和歌山放送ではFM補完放送を 「AMも、FMも。ラジオはWで!」 をキャッチコピーにPR展開しており、
放送開始日の5月30日は、特別番組を放送します。~詳細は和歌山放送にお問い合わせください。~

近畿総合通信局 5月16日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01000820.html

和歌山放送公式サイトの関連情報
http://www.wbs.co.jp/2016/05/16/4422.html
http://wbs.co.jp/news/2016/05/16/81053.html
http://www.fm.wbs.co.jp/area/index.html
「無線システム普及支援事業費等補助金」の交付を決定

 総務省では、平成28年度予算で措置された「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」について交付を決定しました。中国総合通信局管内では、次のとおりです。

中国総通

中国総合通信局 5月10日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2016/01sotsu08_01000547.html
「民放ラジオ難聴解消支援事業」に係る交付決定について

 総務省は、平成28年度予算で措置された民放ラジオ難聴解消支援事業について、下記のとおり交付決定を行いました。なお、兵庫県香美町が整備するラジオ放送のギャップフィラーへの交付決定は全国で初となるものです。

東北総合通信局

北陸総通

近畿総合通信局

東北総合通信局 4月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280428a1001.html
北陸総合通信局 4月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2016/pre160428.html
近畿総合通信局 4月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01000816.html
株式会社ラジオ福島の超短波中継局に予備免許
-福島県大沼郡金山町の一部地域においてラジオの受信状況が改善-

 東北総合通信局は、株式会社ラジオ福島から申請のあった超短波放送局(超短波中継局)について、本日付けで予備免許を付与しました。本中継局は、中波ラジオ放送(ラジオ福島)の受信改善を図るため、中波ラジオ放送の内容をFM波に変換して放送するものです。福島県大沼郡金山町の一部地域においては、地形的な問題で中波ラジオ放送が聞きづらくなっておりましたが、中継局の設置により受信状況が改善されます。本中継局は、福島県金山町が「無線システム普及支援事業費補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付を受け整備した中継局を、放送事業者が運用するものです。

ラジオ福島

東北総合通信局 4月27日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h280427a1001.html



11月14日免許交付、11月16日開局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h281114a1001.html
https://twitter.com/radio_rfc_japan/status/798063464816132096
臨時災害放送局の開設について
-益城町が平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に開設-

 九州総合通信局、本日、益城町に対して、超短波放送局(臨時目的放送局)の免許を付与しました。この放送局は、熊本地震による災害に関し、迅速かつきめ細かい情報の提供を行い、被害の軽減に資することを目的とするものです。なお、今回の熊本地震による臨時災害放送局は、4局目となります。

ましきさいがいエフエム

九州総合通信局 4月27日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160427-1-0.html

益城町公式サイト
http://www.town.mashiki.lg.jp/kiji/pub/detail.aspx?c_id=136&id=77&pg=1
臨時災害放送局の開設について
-御船町が平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に開設-
 
 九州総合通信局は、本日、御船町に対して、超短波放送局(臨時目的放送局)の免許を付与しました。この放送局は、熊本地震による災害に関し、迅速かつきめ細かい情報の提供を行い、被害の軽減に資することを目的とするものです。なお、今回の熊本地震による臨時災害放送局は、3局目となります。また、放送に必要な機器は信越総合通信局(長野市)所有の臨時災害放送用機器を使用しています。

みふねさいがいエフエム

九州総合通信局 4月25日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160425-1-0.html

御船町公式facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1183950118304077&id=452577061441390
臨時災害放送局の開設について
-甲佐町が平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に開設-

 九州総合通信局は、本日、甲佐町に対して、超短波放送局(臨時目的放送局)の免許を付与しました。この放送局は、熊本地震による災害に関し、迅速かつきめ細かい情報の提供を行い、被害の軽減に資することを目的とするものです。なお、放送に必要な機器は当局所有の臨時災害放送用機器を使用しています。

こうささいがいエフエム

九州総合通信局 4月23日付報道資料を要約 (発表は4月25日)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160423-1-0.html

甲佐町公式サイト
http://www.town.kosa.kumamoto.jp/q/aview/701/547.html
熊本県上益城郡甲佐町で災害エフエムが開局したそうです。
周波数は80.7MHz。

九州総通に詳細は記されていません。 週明けに詳細データが載るかな・・・。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/info/important_p02-2-0.html

甲佐町公式サイトによると4月23日の1700に80.7MHzで放送を始めたそうです。
http://www.town.kosa.kumamoto.jp/q/aview/701/547.html

以下、引用。

「甲佐町臨時災害放送局」(FM放送)を開設しました
「甲佐町臨時災害放送局は」、FM80.7MHzで放送中

4月23日(土)午後5時に、甲佐町臨時災害放送局を開設しました。

この放送局は、熊本地震に伴う甲佐町の災害状況などに関する情報を常時放送します。
FM放送で、新たな情報などについても随時お知らせします。

車中避難などでラジオを聴くことができる皆さんにも、地震に関する甲佐町の情報をお届けします。
ぜひ、ご利用ください。

甲佐町臨時災害放送局(FM放送)
周波数 80.7メガヘルツ
NHKラジオ名古屋第一放送のFM補完中継局に予備免許
-高山市奥飛騨温泉郷におけるラジオ受信環境の改善-

 総務省東海総合通信局は、日本放送協会から免許申請のあったFM補完中継局を、本日、予備免許しました。本補完中継局により、地形的要因によりNHKラジオ名古屋第一放送(高山中継局、周波数792kHz(キロヘルツ))が聞きづらかった高山市奥飛騨温泉郷において、当該AMラジオ放送と同一番組がFMラジオ受信機で良好に聴取できるようになることが期待されます。なお、同協会では本年の積雪期までに放送サービスを開始する予定としています。

NHK名古屋

東海総合通信局 4月21日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/28/0421.html

今のところ残す予定局は川湯、美羅尾、宿毛の3局。
https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/shiryou/1236_giketsu01.pdf
NHK南阿蘇TV・FM中継局の放送の確保!
-NHK南阿蘇中継局の設置場所変更等を許可-
 
 九州総合通信局は、本日、日本放送協会に対して、熊本地震で大きな被害を受け、倒壊の可能性があるNHK南阿蘇中継局の設置場所の追加の変更等を「臨機の措置」で許可しました。これは、現在の設置場所で放送継続が不可能となった場合に直ちに放送を継続するために、追加する設置場所で可搬型送信機等を使用して備えるものです。

NHK阿蘇

九州総合通信局 4月20日付の報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160419-1-0.html

民放局も開設
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160502-1-0.html

南阿蘇白水中継局開設
http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/shiryou/1261_giketsu01.pdf
臨時災害放送局の開設について
-平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に熊本市が開設-

 九州総合通信局は、本日、熊本市に対して、超短波放送局(臨時目的放送局)の免許を付与しました。この放送局は、既存のコミュニティ放送局である株式会社熊本シティエフエムから機材及び人的支援を受けて、熊本地震による災害に関し、迅速かつきめ細かい情報の提供を行い、被害の軽減に資することを目的とするものです。

くまもとさいがいエフエム

九州総合通信局 4月18日付報道資料を要約 (発表は19日になってから)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/160418-3-0.html

関連報道
https://kumanichi.com/news/local/main/20160419041.xhtml
http://internetcom.jp/200606/kumamoto-saigai-fm-radio
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/042001169/

4月30日で閉局
http://fm791.jp/topics/?tag=%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B