ロシアのRetro FMを聞いていると、時々、下記の曲が流れます。先日、On-Air中に同局のサイトを見ると曲名が判明しました。Валерий Сюткин の 「7 тысяч над землей」 というそうです。


実はこの曲、15年ほど前にRadio 1 (財政悪化で廃局) の開始時に流れ、歌詞の中で「Na Radio 1 (私はラジオ アジーン)」と言っていたので同局のテーマ曲かなと思っていました。

★Radio Odin Kul'tura 66.715MHz 1999年8月30日 12:00~の受信音

今回、オリジナルと聞き比べると、歌詞の一部が「ナ ラジオ アジーン (私はRadio 1)」や「ラジオ ナバウナ (ラジオ波)」に替えられた替え歌のようです。もう1曲、気になる曲があります。66.08MHzで受信できたサハリンの文芸音楽プロの開始・終了曲です。これもRetro FMで流れていたのを聞きました。

★Sakhalinskoe R.‐Rst.プリビヨン 66.1MHz 1987年8月9日 *0600~の受信音
★Sakhalinskoe R.‐Rst.プリビヨン 66.1MHz 1988年7月27日 ~1858*の受信音
沿海地方の810kHzが2月1日に廃止されましたが、FMにも変動があるそうです。
2月1日からVladivostokでR.Rossiiが102.1MHz、R.Mayakが88.8MHzで開始。
他にUssuriiskが106.0MHz、Nakhodkaが101.4MHzでR.Rossiiを開始(予定?)。

http://www5a.biglobe.ne.jp/BCLSWL/TA1502.html
http://vestiprim.ru/2015/02/02/radio-rossii-izmenyaet-shemu-veschaniya-v-primorskom-krae.html

更に66.74MHzと71.84MHzは廃止するようです。
局の公式サイトは
  
http://vestiprim.ru/2015/02/13/radio-rossii-pomenyaet-diapazon-veschaniya-v-primore.html

ウラジオストク市の公式サイト(?)は

http://www.vlc.ru/news/ads/115637/

下記をGoogle翻訳すると・・・

「ラジオロシア」は放送周波数を変更 2015年2月11日

沿海地方における全ロシア国営テレビ·ラジオ放送会社(RTR)の決定に従い、中波帯の810kHzの周波数で「ラジオロシア」を放送停止。

今年、ラジオロシアはFMバンドに現れます。

・Vladivostok - 102.1MHz
・Ussuriysk - 106MHz
・Nakhodka - 101.4MHz

現在、ラジオロシアはVHF FMの範囲で聞くことができます。

・Vladivostok - 71.84MHz
・Nakhodka - 66.74MHz
・Arsen'ev - 68.6MHz
・Dal'negorsk - 70.04MHz
・Dal'nerechensk - 69.32MHz
・Chkalovskoye - 72.08MHz
・Novozhatkovo - 70.64MHz

VladivostokとNakhodkaのVHF FM(71.84MHzおよび66.74MHz)はFMバンドで放送後、終了します。

(ちなみにロシアでFMは87.5~108.0MHzを指し、VHF(УКВ)は66~74MHzを意味します。
ユダヤ自治州の 「Radio Rossii Birobidzhan / GTRK-Bira」 の過去分がオンデマンドで聞けます。
冒頭にイディッシュ語IDが “エス レットゥ ビラビジャン” と出ていますが、番組自体はロシア語のみのようです。

http://biratv.ru/novosti/vesti-radio (日付をクリックで再生画面へ)

ローカル番組は平日の金曜の0610~、1210~(JST+1h)となっています。

http://biratv.ru/2013-05-30-06-26-21/programma-radio-rossii-birobidzhan

オンデマンドの再生時間は約50分で、“Доброе утро (おはようございます)” や “7時11分” と言っているので、朝の放送時間が0610~0700なのでしょう。昨年までは0510~0600なのでEスポでは時間的に苦しかったのですが、ロシアは標準時間1時間繰り下がっているので、朝のローカル番組受信の可能性が高くなっています。 昼のローカル番組は1210~1230 (昨年までは1110~1130) と20分間で、冒頭にイディッシュ語IDは出ていません。朝だけイディッシュ語IDを出しているのかもしれません。

GTRK-Bira
10月26日からロシア標準時間 (モスクワ時間) が1時間繰り下がってJST-6hになりました。

以前は通常時間がJST-6hで、4月~10月は夏時間でJST-5hでしたが、
2011年に夏時間のJST-5hが固定されて、これが標準時間になっていました。
今後はJST-6hで固定されて同様に変動はありません。

ロシア地方局のローカル番組の放送時間も1時間遅くなっているはずです。
これは早朝のローカル番組をEスポで狙うのに有利です。
サハリンは平日の05:10~06:00が06:10~07:00に繰り下がり、
ハバロフスクは平日の05:10~06:00・06:10~07:00が06:10~07:00・07:10~08:00に繰り下がるのですから。

さてと、受信ガイドの修正が大変だ・・・。
Victor Cityによると、ハバロフスクに 「101.4MHz Хорошее Pадио (Khoroshee Radio)」 が掲載されています。昨年までMilitseyskaya Volnaが受信できた周波数で、今年から変更されたようです。
検索すると周波数不明の 「Pадио Хорошее FM」 が引っ掛かりますが、これと同一かどうかは分かりません。

Хорошее FMのサイト
http://horoshee.fm/

また、同サイトによると、71.24MHzのR.Yunost'が1月に停波したようです。

同局の公式サイトによるとロシアの 「Sport FM / Спорт FM 」 がロシア極東でも放送を始めました。
Victor City によるとVladivostokが1月9日開局、Khabarovskが1月1日開局です。

Vladivostok - 87.8MHz
Khabarovsk - 107.5MHz

http://www.sportfm.ru/programs/cities
 
 http://www.sportfm.ru/
621kHzでハバロフスクと思われるRadio Rossiiが受信できます。810kHzとパラ。

過去、153kHzとパラチェックで確認したことがあります。

ハバロフスクなら0400に国歌でs/on、平日の0510~にローカル番組があります。

0500頃に聞くと153kHz、189kHz、279kHzが受信できません。
279kHzは何やらキャリアが受信できますが0529に停まりました。
810kHzは受信できます。0510からウラジオストクのローカル番組になりました。
サハはストリーミングを聞くと0510からのローカル番組が無くRadio Rossiiです。

短波の5930kHz、5940kHz、7230kHz、7320kHzも聞こえません。
0600から始まる6085kHz、6195kHzも聞こえません。
ブリヤートとイルクーツクのストリーミングを聞くと0610からローカル番組が始まりました。

短波も停波したようです。昨年、短波の地方局を録音しておいて良かった・・・。
http://hiroshi.mediacat-blog.jp/e96616.html
Radio Rossiiの長波が1月9日で廃止と言うことで (http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/TA1401.html)、
8日に聞き納めに279kHzのサハリンを聞くと0510からのローカル番組がなくRadio Rossiiです。
153kHzのハバロフスクも0510からローカル番組ですが、Radio Rossiiです。
189kHzのアムールは元々この時間はRadio Rossiiでローカル番組はありません。
7230kHzのサハも0510からのローカル番組がありません。ストリーミングを聞いてもありません。
その中、810kHzのウラジオストクは0510からローカル番組を放送しています。
6195kHzのブリヤートも0610からのローカル番組がなくRadio Rossiiです。ストリーミングも同様。
イルクーツクのストリーミグを聞いても0610からのローカル番組がなくRadio Rossiiです。

※追記

朝は廃止関連かと思いましたが、どうもこれはRadio Rossiiの長波廃止とは関係なさそうです。
ロシアは1月1日~8日が正月休みで、休日スケジュールでローカル番組が無かっただけな気がしてきました。
Radio Rossiiの長波廃止が1月9日以降と言うのも 「正月休み明け」 ということなのではないでしょうか。
火曜の午後は同波の中国之声が休止するので1710~1800のローカル番組がFBに受信できます。
いつもは7220kHzの朝鮮の声 (中国語) のサイドも酷いのですが、今日は停波しています。

★2013年11月26日 1710~ 7230kHzの受信音

5940kHzと7320kHzでマガダン州の 「Radio Rossii Magadan」 が受信できます。

★2013年11月18日 0410~ 5940kHzの受信音

ローカル番組は今のところ平日の0410~0500に受信できています。 「月刊短波」 に同局のローカル番組の情報が時々載っていますが、局の公式サイトにはラジオの番組表が掲載されておらず、昼間は受信できないので現況は不明です。少なくとも平日の02,03,05-08,14-21時台と土・日の02-08,14-21時台はRadio Rossiiです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/TA0512.html
http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/TA0604.html
http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/TA1204.html

マガダンのFMを日本で受信したという情報は聞いたことがありません。
当地からの距離は約2800kmで、中国の広州と同じ程度なのですが。

 http://www.magtrk.ru/
やはり、正時前に2分間のクラスノヤルスクのローカルCMが放送されています。
受信できたのは1858~1900、1958~2000、2158~2200、2258~2300です。
冒頭が “Reklama Krasnoyarsk (広告 クラスノヤルスク)” と聞こえます。

★2013年11月22日 1858~ 6085kHzの受信音
★2013年11月21日 1958~ 6085kHzの受信音
★2013年11月22日 2158~ 6085kHzの受信音

相変わらず2010~2100のローカル番組のIDは空耳レベルです。

★2013年11月22日 2010~ 6085kHzの受信音
★2013年12月03日 2010~ 6085kHzの受信音
★2013年11月26日 2059~ 6085kHzの受信音

朝のローカル番組も0810~0900に受信できます。こちらもIDは空耳レベル。

★2013年11月25日 0810~ 6085kHzの受信音

http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-1290.html  6085kHz Radio Rossii
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-1292.html  6085kHz Radio Rossii Krasnoyarsk (1) 
6085kHzで不明瞭がらクラスノヤルスク地方の 「Radio Rossii Krasnoyarsk」 のIDが取れました。
ローカル番組は2010~2100です。2100以降は6195kHzとパラのRadio Rossiiです。

★2013年11月19日 2010~ 6085kHzの受信音
  ローカル番組の開始時。 00:13に “V efire Radio Rossii (Krasnoyarsk)” のIDと “19時XX分” の
  時刻告知、 “Vesti (Krasnoyarsk)” のアナウンス。

★2013年11月19日 2058~ 6085kHzの受信音
  ローカル番組の終了時。 00:28に “Radio Rossii Krasnoyarsk” のアナウンス (スポット?) の後、 “Radio
  Rossii Krasnoyarsk. Pagoda” のアナウンス。 01:27の “Vy slushaete Radio Rossii XXXXXX” は後半が
  サイドを被って判別できず。

1858~1900、1958~2000、2158~2200、2258~2300にクラスノヤルスクのCMが流れています。時報前のローカル番組のようです。6080kHzのCRI ロシア語のサイドが酷いですが、タイミングが合えば確実なIDが取れそうです。

局サイトの番組表によると、同局のローカル番組は下記の時間に放送されています。

0810~0900 (平日)
1110~1200 (土・日)
1410~1500 (平日)
2010~2100 (平日)

http://krasnoyarsk.rfn.ru/program.html?rid=58

Radio Rossii Krasnoyarsk
2145現在、6085kHzで6195kHzとパラのRadio Rossiiが受信できます。
279,810,7230,5930,5940kHzなどのRadio Rossiiとは番組内容が異なります。
20日朝は0600に開始、0656に国歌、0700からRadio Rossiiのニュース。

★2013年11月19日 2157~ 6085kHzの受信音

もしかして、これはクラスノヤルスクなのではないでしょうか。
番組表によると同局の平日のローカル番組は下記の時間です。
受信できそうな時間は2010~2100でしょうが・・・・・。

0810~0900
1410~1500
2010~2100

http://krasnoyarsk.rfn.ru/region/rnews.html?id=5937&rid=58

Radio Rossii Krasnoyarsk
7230kHzでサハ共和国の 「Radio Rossii Sakha」 が受信できます。
番組はロシア語とヤクート語(サハ語)です。

★2013年11月19日 0510~ 7230kHzの受信音

同局のライブストリーミングでモニターしたところ、ローカル番組は下記の時間に放送されています。
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-1269.html

0510~0600 [ヤクート語語あり] (平日)
1010~1100 [ヤクート語語あり] (平日)
1510~1530 [ヤクート語語あり] (平日)
1710~1800 [ヤクート語語あり] (平日)

7230kHzには中央人民広播電台中国之声が出ているため良好な受信は望めません。
唯一、朝は中国之声がs/onする前の0510~0520頃だけはFBに聞こえています。
夕方も中国之声の下で1710~1800に聞こえているので信号自体は強いんですけどね。
6195kHzでブリヤート共和国の 「Radio Rossii Buryatiya / Radio Buryatiya」 が受信できます。
番組はロシア語とブリヤート語です。2000以降はBBCに潰されるので、それより前か早朝が狙い目です。
時間によって 「Radio Rossii Buryatiya」 「Radio Buryatiya」 と両方のアナウンスが出ています。

★2013年11月18日 0610~ 6195kHzの受信音
★2013年11月16日 1858~ 6195kHzの受信音
★2013年11月18日 1910~ 6195kHzの受信音

同局のライブストリーミングでモニターしたところ、ローカル番組が結構多いです。
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-1277.html

0610~0700 [ブリヤート語あり] (平日)
0710~0800 [ブリヤート語あり] (平日)
0758~0800 (土・日曜)
0858~0900
0910~1000 [ブリヤート語あり] (土・日曜)
0958~1000 (平日)
1058~1100
1110~1130 [ブリヤート語あり] (平日)
1158~1200
1258~1300
1310~1400 [ブリヤート語あり] (平日)
1458~1500
1558~1600
1658~1700
1758~1800
1856~1900
1910~2000 [ブリヤート語あり] (平日)
1958~2000 (土・日曜)
2058~2100
2158~2200

時報前に2分間のロシア語天気予報とCMがあるのが特徴で、
同様な時報前の2分番組はストリーミングで聞いたイルクーツクにもあります。
カザフスタン共和国の 「Kazakhskoe Radio」 がライブストリーミングで聞けます。
ソ連時代はロシア語とカザフ語の二系統でしたが、現在、メイン系統はカザフ語ばかりで、
ロシア語は1時間おきに5分程度のニュースがあるくらいで、すっかり影が薄いです。

http://kazradio.kz/online_radio/kazradio/

同局はカザフ語・ロシア語の他に日替わりで1836~1856に 『достық』 という外国語番組が放送されています。
外国語と言ってもカザフスタン在住の民族のようです。「достық」 とはカザフ語で 「友情」 という意味らしいです。

月曜=ドイツ語 (解説)  ★ストリーミングで聞いたドイツ語番組
火曜=ウイグル語 (解説)  ★ストリーミングで聞いたウイグル語番組
水曜=朝鮮語 (解説)  ★ストリーミングで聞いた朝鮮語番組
木曜=トルコ語 (解説)  ★ストリーミングで聞いたトルコ語番組
金曜=タタール語 (解説)  ★ストリーミングで聞いたタタール語番組
土曜=アゼルバイジャン語 (解説)  ★ストリーミングで聞いたアゼルバイジャン語番組

★ストリーミングで聞いたカザフ語ID
★ストリーミングで聞いたロシア語ID
 
Kazakhskoe R.には他に下記のような放送系統があります。

Sharkar Radio (http://radioshalkar.kaztrk.kz/)  ストリーミング 
Astana Radio (http://kazradio.kz/kaz/radioastana/)  ストリーミング
Classic Radio  ストリーミング

25年前には福岡県でカザフスタンのFMがEスポにより受信されています。
改めて距離を見ると5200kmを越えているんですよね。トリプルスキップ?

Kazakhskoe_Radio
5930kHzでカムチャツカ地方の 「Radio Rossii Kamchatka」 が受信できます。
FMは69.68MHzですが、関東では遠すぎて (約2500km) ほとんど受信できません。

★2013年11月18日 0259~ 5930kHzの受信音
★2013年11月15日 0410~ 5930kHzの受信音
★2013年11月18日 0440~ 5930kHzの受信音

今のところ、5930kHzでローカル番組は下記の時間に受信できています。
冬コンディションになったので昼間も受信できるようになりました。

0300~0330 (平日)
0410~0500 (平日)  0440~0455にロシア語以外の番組
0910~0932 (平日)
1010~1100 (平日)
1510~1530 (平日)  1510~1524にロシア語以外の番組
1610~1700 (平日)

検索すると下記のような番組表が引っ掛かりました(平日のみ掲載、土日は無い?)。
受信でも番組表どおり平日の05-08,11-14,17-21時台はRadio Rossiiです。
http://poluostrov-kamchatka.ru/pknews/detail.php?ID=44998

0600~0630 (平日)
0710~0800 (平日)  0740~0755に“北の人々の言葉”番組
1210~1232 (平日)
1310~1400 (平日)
1810~1830 (平日)  1810~1824に“北の人々の言葉”番組
1910~2000 (平日)

時間はカムチャツカ時間 (JST+3h) でしょうから受信結果と一致します。その中で0740 (JSTで0440) と1810 (JSTで1510) に 「Вести-Камчатка (на языках народов Севера)」 という番組があります。訳すと 「ヴェスチ・カムチャッカ(北の人々の言語)」 となり、カムチャツカ地方在住の少数民族語によるニュースと思われます。
ロシア語Wikipediaによると、Radio Rossii Kamchatkaではコリャーク語とイテリメン語による番組があるそうです。
コリャーク自治管区の時代はKoryakskoe Radioが受信できましたが、カムチャツカ州との合併で消滅しました。
NDXCのサイト (http://users.onwire.org/dxing/index.php?ussr_f0 )に当時のアーカイブがあります。

カムチャツカの不明言語の情報を何処かで見たなと思ったらHiroshi氏が受信されています。
他のロシア地方局同様、3年前に比べてローカル番組の時間が減っているようです。
http://hiroshi.mediacat-blog.jp/e48126.html

同局の公式サイトは見つからなかったのですが、下記にラジオとテレビの番組表が載っています(最下)。
http://poluostrov-kamchatka.ru/
サンクトペテルブルクの 「Radio Rossii Sankt-Peterburg」 がライブストリーミングで聞けます。

mms://195.161.23.194:8080/

今でも国歌でs/on後のR.Rossii中継を飛ばして正時からローカルプロの局があるんですね。

★ストリーミングで聞いたID

Radio Rossii Sankt-Peterburg



他のRadio Rossii地方局のライブストリーミング

Radio Rossii Kuzbass = http://217.116.128.15:8000/KemRR.m3u
                   [http://www.vesti42.ru/ : ★ストリーミングで聞いたID1 
Radio Rossii Tomsk = http://mp3.tvtomsk.ru:8000/tomsk.m3u
                  [http://www.tvtomsk.ru/ : ★ストリーミングで聞いたID
Radio Rossii Tatarstan = http://94.25.80.206:7900/tatar64kbps.mp3.m3u
                    [http://trt-tv.ru/ : ★ストリーミングで聞いたID1   
Radio Rossii Volgograd = http://79.170.162.18:8000/listen.pls
                    [http://www.volgograd-trv.ru/ : ★ストリーミングで聞いたID
Radio Rossii Samara = http://tvsamara.ru/Russia.m3u
                   [http://www.tvsamara.ru/ : ★ストリーミングで聞いたID1 



短波で放送されている 「Tatarstan Wave / На волне Татарстана」 が国内向けにも放送されています。
同局の公式サイトによると、国内向けのRadio Tatarstanで毎日1710~1800に放送されています。

http://trt-tv.ru/guide/radio/

ライブストリーミングで聞くことができます。

http://trt-tv.ru/slushat-radio-rossiya-tatarstan/
http://94.25.80.206:7900/tatar64kbps.mp3.m3u (直リン)

オンデマンドで過去の放送も聞けます。

http://trt-tv.ru/radio-tatarstan/tatarstan-dulkynynda-na-volne-tatarstana/

短波のスケジュールは下記です。

1310~1400 11790kHz
1510~1600 9895kHz
1710~1800 12095kHz

★2013年12月1日 1310~ 11790kHzの受信音

ブリヤート共和国の 「Radio Rossii Buryatiya / Radio Buryatiya」 がライブストリーミングで聞けます。
http://94.25.43.69:4081/listen.pls

ロシア語とブリヤート語のローカル番組を放送しています。
★ストリーミングで聞いたRadio Rossii Buryatiya 1
★ストリーミングで聞いたRadio Rossii Buryatiya 2

69.74MHzがEスポのマルチホップで時々受信できますが、69.68MHzのMyayakが邪魔で状態は良くありません。
★2008年7月14日 13:12~ 69.74MHzに受信したBuryatskoe R.ブリヤート語番組

試しに6195kHzを狙ったら短波でも聞こえています。

Buryatskoe Radio   Buryatskoe Radio
Radio Rossii Irkutskのストリーミングを聞くと平日の0620頃から10分間、モンゴル語のような番組があります。

★2013年10月22日の0619~0629にストリーミングで聞いたブリヤート語(?)番組

Buryatskoe R.やRadio Rossii Chitaで受信できたブリヤート語と同じように聞こえます。

★2008年7月14日 13:12~ 69.74MHzに受信したBuryatskoe R.ブリヤート語番組
★2009年7月27日 17:45~ 70.075MHzに受信したチタのブリヤート語番組

イルクーツク州にはウスチオルダ・ブリヤート自治管区があったのでブリヤート語番組が放送されているのでしょう。
沿海地方(プリモール地方)の 「Vesti FM」 がライブストリーミング放送を行っています。

http://mp3.ptr-vlad.ru/Radio810(96).m3u

以前はPrimoeskoe R.(R.Rossii Primor'e)でしたが、いつの間にか89.8MHzのVesti FMになっています。
同局のサイトにRadio Rossii Primor'eの半年前の番組表が掲載されています。受信結果と一致します。

0410~0500 平日
0510~0600 平日
0610~0700 平日
0710~0800 土・日曜
1010~1100 毎日 

http://ptr-vlad.ru/programs_schedule/radio/76161-programma-peredach-radio-rossii-s-1-po-7-aprelya-2013.html

Radio_Rossii_Primor'e
イルクーツク州の 「GTRK-Irkutsk / Radio Rossii Irukutsk」 がライブストリーミングで聞けます。
Radio Rossii Sakha同様に、地方局でライブストリーミングがあるのは珍しいです。

http://radio.irktv.ru:8000/vesti.mp3.m3u

同局はEスポマルチホップにより70.31MHzで時々受信できますが状態は悪く、
長波や昔の短波も当地では縁がなく、このストリーミングには感激しました。

★ストリーミングで聞いたID

ライブストリーミングでモニターしたローカル番組です。

0610~0700 [0620~0630頃にブリヤート語] (平日)
0710~0800 (平日)
0810~0900 (平日)
0858~0900 (土・日曜)
0958~1000 (土・日曜)
1058~1100
1110~1200 (土・日曜)
1158~1200 (平日)
1258~1300
1310~1400 (平日)
1358~1400 (土・日曜)
1458~1500 (土・日曜)
1558~1600
1658~1700
1710~1800 (平日)
1758~1800 (土・日曜)
1858~1900
1900~2000 (平日)
1958~2000 (土・日曜)
2058~2100
2158~2200
2258~2300
2358~0000

Radio Rossii Irukutsk
サハ共和国の 「GTRK-Sakha / Radio Rossii Sakha」 がライブストリーミングで聞けます。
ロシア内の地方局でライブストリ-ミングがあるのは珍しいです。

mms://gtrksakha.ru:8082

冒頭にロシア語とヤクート語 (サハ語) のIDが出ます。

★ストリーミングで聞いたID

ローカル番組は下記の時間にあります。

0510~0600 (平日)
1010~1100 (平日)
1510~1530 (平日)
1710~1800 (平日)

約25年前には高調波が14MHz帯でFBに受信できていましたが、最近の7230kHzや長波の171kHzは×。
VHFも66.68MHzや67.28MHzで受信記録はありますが、当地では遠すぎてなかなか受信できません。
ストリーミングで聞けるのは幸いですが、以前に流れていた口琴のISは出ていないんでしょうね。

★1988年9月09日の0630~に14530(7265x2)kHzで受信したYakutskoe R.
★1988年9月20日の0646~に14530(7265x2)kHzで受信したYakutskoe R.

RadioRossii Sakha logo
沿海地方ウラジオストクで「89.4MHz Dorozhnoe Radio」が開局しました。
http://vcfm.ru/vc/Cities/vladivostok.htm

公式サイトにも記載されています。
http://www.dorognoe.ru/?go=vladivostok
サハリン州ユジノサハリンスクの88.9MHzがFresh FMから「Radio Rekord」に変更されました。
http://vcfm.ru/vc/Cities/yuzhno-sahalinsk.htm

公式サイトにも記載されています。
http://www.radiorecord.ru/radio/net/137431/
2012年内でFM以外廃止ということだったMayakですが、
720kHzは1559にISを確認、現在も放送中です。
720kHzはYuzhno-Sakhalinskです。

Vladivostokの549kHzも1615頃から聞こえ始めました。
Khabarovskの576kHzも聞こえ始めました。

1月2日朝も549,576,720kHzが聞こえます。0729にIS。
Nashe Radioの公式サイトに「ナホトカ(Находка) 106.7MHz)」が掲載されています。
Victor Cityでは計画とあるので、開局したのは最近と思われます。

http://www.nashe.ru/towns/

Yuzhno-Sakhalinskの101.7MHzが消えてから、5年ぶりの極東出現です。
ロシアのテレビ放送の画面隅には局ロゴが表示されているので、受像できれば容易に確認できます。

■Pervyy Kanal

ソ連時代の中央テレビ Orbita、その後のロシア共同テレビ(ORT)の流れを汲むメイン系統。
ローカル番組はありません。画面右上に下記のロゴが表示されています。

 Pervyy Kanal

■Telekanal Rossiya

全国放送ですが、合間に地域のローカル番組が放送されています。
日本ではR1chで朝と夕方にアムール州のニュース・天気予報が受信できています。
画面右上に下記のロゴが表示されていて、ローカル番組ではその下に地名が出ているようです。
ロゴの右側は系統によって変わるようですが、まだ受信では何と出ているのか確認できません。

Telekanal Rossiya

■NTV

NTNのNはНезависимое (独立)、Новое (新しい)などの略だそうです。
日本ではR1chでハバロフスクと思われる局が受信できています。
画面左下に下記のロゴが表示されています。

 NTV