三原市でコミュニティFM放送を開始
 〈株式会社FMみはらが放送局を開設〉
 
 中国総合通信局は、株式会社FMみはらから提出されたコミュニティ放送局の開設申請に対して、本日、免許を付与しました。本放送局の開局により、三原市内において、行政情報、タウン情報など、地域に密着した情報や、災害時には、避難所情報等を受信することが可能となります。

FMみはら

中国総合通信局 3月12日付放送資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000839.html

やはり予備免許交付の報道資料が出ないまま、いきなり本免許交付の発表です。
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-2098.html
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-2135.html
中国地方初、柳井市と臨時災害放送局の合同訓練を実施

 中国総合通信局は、山口県柳井市と、臨時災害放送局の合同訓練を中国地方において初めて実施します。臨時災害放送局は、災害発生時に、地域住民へ被害情報、避難情報等を提供するため、地方公共団体等が臨時かつ一時的に開設するFMラジオ放送局です。訓練は、柳井市内で大規模災害が発生し、市からの要請により、昨年11月当局に配備した臨時災害放送局用設備を貸与するという想定で実施します。市役所職員が放送設備の設営を行い、実際に80.5MHzの電波を発射して、市内50カ所の指定緊急避難場所及び指定避難場所でラジオの受信状況を確認します。

訓練概要

日時
平成30年3月20日(火曜日)
10時30分~11時30分 設営訓練
13時30分~15時 放送訓練

場所
柳井市役所(山口県柳井市南町1-10-2)※設備は市役所屋上に設置
手順
(1) 柳井市から中国総合通信局へ臨時災害放送局用設備の貸与を要請
(2) 中国総合通信局から柳井市へ同設備を無償貸与する旨、連絡
(3) 柳井市から中国総合通信局へ臨時災害放送局の開設について免許申請
(4) 中国合通信局から柳井市へ免許する旨、連絡
※(1)から(4)は、「臨機の措置」として電話連絡により行います。
(5) 柳井市が臨時災害放送局を開設・運用、市長が市内の緊急指定避難場所及び
  指定避難場所に向けて試験放送を行い、ラジオで受信状況を確認

<関連報道発表>
臨時災害放送局用機器の地方公共団体への貸出しを開始(平成29年12月20日)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000791.html

中国総合通信局 3月12日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000838.html

詳細には触れられていないものの、災害イベントFMが免許されているように思われますが。

関連報道
https://www.youtube.com/watch?v=GnuhRedOAQ4
これ、北方面(ロシア方面)のEスポオープンの際に邪魔になりそうな気が・・・・・。

北海道総合通信局 3月12日付報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2018/0312v.html

3月12日更新の無線局免許状等情報で南海放送の91.7MHz(松山)に「JOAF-FM」が付されています。

南海放送

http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=G&DFCD=0000482768&DD=1&styleNumber=01

↓の関連?
http://fmdx.blog81.fc2.com/blog-entry-2137.html
魚沼市の受信障害対策中継局に予備免許
 ~ コミュニティ放送の難聴地域解消を図る取組 ~

 信越総合通信局は、本日、魚沼市から免許申請のあった超短波(FM)放送局1局に対して予備免許を付与しました。本放送局は、エフエム魚沼株式会社のコミュニティ放送の地形的な影響による難聴地域の解消を図ることを目的として開設するものです。
 エフエム魚沼株式会社は、平成27年12月から新潟県魚沼市の一部地域において、コミュニティ放送を実施しています。これまでに、親局のほか、折立中継局(旧湯之谷村)及び入広瀬中継局(旧入広瀬村)を開設していますが、一部地域において地形的な影響による難聴が生じておりました。今般の予備免許は、魚沼市十日町地区の難聴地域の解消を図るために魚沼市が免許人となり受信障害対策中継局を開設するものです。

エフエム魚沼

信越総合通信局 3月8日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/180308.html
信越放送株式会社のFM補完中継局に予備免許
 ~ 長野県内におけるFM補完局のエリアが拡大 ~

 信越総合通信局は、本日、信越放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局3局(SBC善光寺平FM、SBC聖FM及びSBC飯山野沢FM)に対して予備免許を付与しました。本中継局は、信越放送株式会社の中波(AM)ラジオ放送の地形的な影響による難聴区域の解消を図ることを目的として開設するものです。

SBS-FM_20180228193305bd1.jpg

信越総合通信局 2月28日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/180228.html
南海放送株式会社のFM補完中継局に予備免許
≪AM放送局が被災したときの放送継続に備えて中継局を整備≫

 四国総合通信局は、南海放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局3局について、本日付けで予備免許を付与しました。同社は愛媛県を放送対象地域としてラジオ(AM)の放送をおこなっていますが、松山市、新居浜市等県内6地域において、AM放送と同内容の番組を放送するFM補完中継局を開設しています。今回開設するFM補完中継局(本年3月頃放送開始予定)により、今治市、久万高原町及び愛南町の3地域(約6万6千世帯対象)において、AM放送局が被災したときにも放送が継続されることとなり、ラジオによる災害時の情報伝達が確保されます。

南海放送

四国総合通信局 2月23日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20180223.html
今治コミュニティ放送株式会社の中継局に予備免許
≪愛媛県今治市内で放送を受信可能な地域が拡大≫

 四国総合通信局は、今治コミュニティ放送株式会社から免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)の中継局2局に対して、本日付けで予備免許を付与しました。同社は平成14年から愛媛県今治市の一部地域においてコミュニティ放送をおこなっています。今回開設する中継局(本年6月頃に放送開始予定)により、これまで同社の放送の受信が困難であった、同市内の大三島町及び菊間町の大部分並びに伯方町の西部地域(計約4,700世帯)においても受信が可能となります。これらの中継局は、平成29年度予算による「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」を活用して整備されます。

今治コミュニティ放送

四国総合通信局 2月23日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/2018022302.html
日本・アルカディア・ネットワーク株式会社のコミュニティ放送中継局に予備免許
 - 山形県長井市伊佐沢(いさざわ)地区において受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、日本・アルカディア・ネットワーク株式会社から免許申請のあったFM中継局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。今回予備免許を付与した中継局により、地形的な問題で市内のコミュニティ放送が聴きづらくなっていた長井市伊佐沢地区での受信状況が改善されます。

エフエムい~じゃん

東北総合通信局 2月22日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h300222a1001.html
大津市を放送区域とするコミュニティ放送局に予備免許
 - 滋賀県内で4局、近畿管内で40局の整備に ー

 近畿総合通信局は、株式会社FMおおつから免許申請のあったコミュニティ放送局※に対し、予備免許通知書を本日交付しました。同放送局は本年4月に放送を開始する予定です。

エフエムおおつ

近畿総合通信局 2月20日付報道資料を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001106.html

公式サイト
http://fmotsu.com/
https://www.facebook.com/fmotsu/